恵那市 Ena City

Loading
恵那市観光サイトへのリンク

入湯税

最終更新日2018年10月16日

概要

鉱泉浴場(温泉浴場)における入湯行為に対して入湯客に課税する税です。
入湯税は、環境衛生施設、鉱泉源の保護管理施設、消防施設の整備や観光の振興に要する費用に充てるため設けられた目的税です。

納税義務者

入湯税を納めるのは、鉱泉浴場に入湯する入湯客です。

税率

入湯客1人1日につき150円

納付方法

鉱泉浴場の経営者が入湯客から徴収し、1カ月まとめて翌月15日までに申告して納めます。
入湯税は、入浴料金に含まれています。

入湯税納入申告書(平成30年4月1日以降)(Excelファイル 87KB)

課税免除

次の人には入湯税は課税されません。

  • 年齢12歳未満の人(小学生以下)
  • 日帰りで入湯する人
  • 共同浴場または一般公衆浴場に入湯する人

共同浴場とは、商売として経営される浴場ではないが、一般公衆浴場と同じ趣旨の下に利用されるもので、例えば、会社の独身寮などで利用されるものをいいます。また、一般公衆浴場とは、公衆浴場法の営業許可を受けた公衆浴場で、いわゆる銭湯程度のもので、地域住民の日常生活に密接な関係があり、住民の方が気軽に利用できる程度のものをいいます。

入湯税の使いみち

平成28年度入湯税・都市計画税の使途状況(PDFファイル 49KB)

平成29年度入湯税・都市計画税の使途状況(PDFファイル 49KB)




 

「用語解説」に関するご連絡は、ウェブリオまで問い合わせください。

お問い合わせ

担当課  税務課 資産税係 


電話 0573-26-2111(内線138、137、136、135、134、131)、(IP)050-5808-9521
ファクス 0573-25-6151

応対時間 月曜日から金曜日(土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く)
午前8時30分から午後5時15分まで


このページの内容は参考になりましたか?(以下のラジオボタンのいずれかをお選びください。)
このページの内容はわかりやすかったですか?(以下のラジオボタンのいずれかをお選びください。)