恵那市 Ena City

Loading
恵那市観光サイトへのリンク

中山道ひし屋資料館

最終更新日2016年4月24日
中山道ひし屋資料館

住所

509-7201岐阜県恵那市大井町60番地1

電話番号

0573-20-3266

ファックス番号

0573-20-3266

アクセス方法

鉄道 JR恵那駅より徒歩10分
車 中央自動車道恵那インターより車で5分

地図 館内図 土間と店、台所の写真

施設概要

豪壮な町屋建築の典型「ひし屋」

大井宿の有力な商家であった「ひし屋」古山家は、江戸時代中期以降、大井村の庄屋を務めた家柄で、明治以降は郵便取扱役、恵那郡役所掛屋(銀行)に任命され、養蚕研究や俳諧文化の推進にも力を尽くしました。
その住居は明治初年に改築されていますが、大規模で質の良い近世的町屋建築の特色をよく示しており、平成9年に恵那市の文化財に指定されました。

中山道ひし屋資料館は、この古山家住宅を改修・復元し、大井宿の町屋を体験してもらう施設として平成12年9月に開館しました。
建物そのものをもっとも重要な展示品ととらえ、整備に当たっては、過去の改築の痕跡などに注意を払いながら解体修理を進め、可能な限り建築当初の状態に近づけています。

利用の仕方

施設の特徴

  1. 格子戸と大戸を併用した広い出入口
  2. 表から裏へ通り抜けられる広い土間
  3. 長火鉢を置き、その前に当主の座。背後の神棚には天照大 神、猿田彦、市神、多賀、御嶽など諸神がまつられた
  4. 通りが良く見え、取り外しもできる格子戸
  5. 商談寄合などに使われた。床の間、障子、天井に特色がある
  6. 先祖の霊をまつる。
  7. 二間幅の床の間付きで、年中諸行事が行われた。
  8. 書院、床の間、床脇がそろっている。
  9. 一間幅の畳敷の通路。奥に隠し戸がある。
  10. 家族の生活の場。大きな商家にしてはこぢんまりしている。
  11. 式台付きの玄関。

利用可能時間

午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

貸室(茶室)午前9時から午後9時

休館日

月曜日、祝日の翌日、年末年始(12月28日から1月3日)

料金

入館料 大人 200円、小・中・高生 100円
20人以上の団体料金 大人150円、小・中・高生50円

貸室(茶室)1時間1,020円


中山道ひし屋資料館




 

「用語解説」に関するご連絡は、ウェブリオまで問い合わせください。

お問い合わせ

担当課  生涯学習まちづくりセンター 


電話 0573-25-5711
ファクス 0573-25-5151

応対時間 火曜日から日曜日(月曜日、祝日の翌日、年末年始を除く)
午前8時半から午後5時15分まで


このページの内容は参考になりましたか?(以下のラジオボタンのいずれかをお選びください。)
このページの内容はわかりやすかったですか?(以下のラジオボタンのいずれかをお選びください。)