恵那市 Ena City

Loading
恵那市観光サイトへのリンク
トップページ > 紹介記事一覧 > 2017年3月 > 災害時に役立つ空き缶コンロを知る

災害時に役立つ空き缶コンロを知る

総務課 公開日 2017年 3月 14日

  3月10日、明智中学校1、2年生71人が「命を守る訓練」の第3回として、空き缶コンロ炊飯を学びました。講師を務めたのは、市女性防火クラブの加藤祐美会長とクラブ員3人です。同クラブは従来の火災予防活動に加え、防災知識の普及にも力を入れています。今回は明智中学校からの講習依頼を受けて実現しました。加藤会長らは災害時に電気やガスが停止しても、家庭にある空き缶などを使用して、簡単に温かいご飯を炊く方法として空き缶コンロの作り方を指導しました。空き缶コンロ作りはアルミ缶をはさみで切ったり、ティッシュペイパーで火を付けるコヨリ状の芯を作ったりと初めて行う作業に苦労しながらも、指導を受けながら作製しました。

  講習を受けた防災士でもある板倉歩さんは「防災士の講座では実技が少なかったが、自分で空き缶コンロを作ってみて苦労した。道具がなくても作れるように考えてみたい」と話しました。小木曽未那さんは「災害時にインフラが停止した場合にどうしたら良いか授業でも話し合いました。空き缶コンロの知識が災害時の助けになると思う。貴重な経験になりました」とお礼の言葉を述べました。


アルミ缶をハサミで切り、コンロを作る
(アルミ缶をハサミで切り、コンロを作る)

空き缶コンロの作り方を説明する加藤会長
(空き缶コンロの作り方を説明する加藤会長)
生徒同士で作り方を教え合う
(生徒同士で作り方を教え合う)
コンロの芯となる部分をティッシュぺーパーで作る
(コンロの芯となる部分をティッシュぺーパーで作る)



最近の記事

緊急情報


今は緊急情報はありません
過去の緊急情報
市長の部屋 市議会 申請書ダウンロード キッズページ
窓口のご案内市役所へのアクセス市政窓口各課ご案内
市役所からのお知らせ広報えな音声告知器メール配信サービス
みなさんのご意見・質問声のひろばパブリックコメント投稿フォーム
51,249人
19,550世帯
504.24㎢
平成29年4月1日現在
恵那市の詳細