恵那市 Ena City

Loading
恵那市観光サイトへのリンク
トップページ > 紹介記事一覧 > 2017年10月 > 地元の食材を使って地域とコラボレーション

地元の食材を使って地域とコラボレーション

総務課 公開日 2017年 10月 5日

  9月26日、和洋菓子を製造販売している株式会社恵那川上屋が、昭和女子大学(東京都渋谷区)ビジネスデザイン学科ゼミと共同で企画開発した商品の紹介に市役所を訪れました。恵那川上屋が東京都渋谷区に出店したことがきっかけで、同大学のゼミと共同で商品開発することになりました。商品には恵那市で取れた恵那栗と、大学のある東京都渋谷区で取れたコマツナやカボチャを使用したまんじゅうやケークサレ、タルトなどで、恵那市からの地元素材が地域をつなぐ取り組みとして始まりました。
  恵那川上屋の鎌田真悟社長は「商品開発も大切だが、地域の情報を発信することも大切。都市での知名度を上げ、恵那市を活性させたい」と話しました。昭和女子大学ビジネスデザイン学科で高木敏雄准教授のゼミに所属する学生4人と、高木敏雄准教授が所属する明治大学経営学科研究室の学生6人も市を訪れ、共同開発した商品をそれぞれの大学祭で販売するため、恵那市の良さを発見し、販売する店舗の飾りつけなどの参考にしたいと意気込んでいました。


商品の説明をする昭和女子大学と明治大学の学生
(商品の説明をする昭和女子大学と明治大学の学生)

商品開発の感想を話す学生ら
(商品開発の感想を話す学生ら)
学生の説明を聞く鎌田社長(左)
(学生の説明を聞く鎌田社長(左))
共同開発された商品
(共同開発された商品)



最近の記事

緊急情報

緊急情報のアイコン 警報・特別警報の発表状況をお知らせします。 2017年10月23日11時14分...

2017年10月23日 11時16分
過去の緊急情報
市長の部屋 市議会 申請書ダウンロード キッズページ
窓口のご案内市役所へのアクセス市政窓口各課ご案内
市役所からのお知らせ広報えな音声告知器メール配信サービス
みなさんのご意見・質問声のひろばパブリックコメント投稿フォーム
51,048人
19,634世帯
504.24㎢
平成29年10月1日現在
恵那市の詳細