恵那市 Ena City

Loading
恵那市観光サイトへのリンク
トップページ > 紹介記事一覧 > 2017年10月 > 郷土の先人の志を引き継ぐふる郷公園が完成

郷土の先人の志を引き継ぐふる郷公園が完成

総務課 公開日 2017年 10月 6日

  笠置町毛呂窪でふる郷公園が完成し、10月5日に開園式が行われました。
  同地区では、平成28年5月、郷土の先人の山本誠之助(やまもとせいのすけ)氏の孫にあたる千藤淳(せんどうあつし)さんが、祖父の郷土に対する思いを引き継いで欲しいと多額の私財を寄付されたことを機に「山本誠之助基金」を設立。この基金を活用し、山本誠之助氏の志を引き継ぎ区民の憩いの場となる公園を山本誠之助氏の生家跡に整備しました。
  山本誠之助氏は東雲橋の架橋や毛呂窪小学校の建設など、明治から昭和にかけて毛呂窪区の社会基盤整備や教育文化の進展に尽くした人物として顕彰されています。
  この日行われた開園式では完成を祝う神事が執り行われ、千藤淳さんのおいで東野在住の千藤茂行(せんどうしげゆき)さんや小坂市長、市議会議員、毛呂窪区関係者など33人が参加。公園完成を祝うと共に山本誠之助氏の功績をたたえました。
  式典では千藤茂行さんが叔父で寄付者の千藤淳さんからのメッセージとして「毛呂窪の人々の努力によって憩いの場ができたことは、誠之助おじいさんも感謝し喜んでいることでしょう」と読み上げると共に「毛呂窪の皆さんの気持ちに感動しています。毛呂窪の発展に尽くしたい気持ちからこのような機会に参画できうれしいです」と喜びました。小坂市長は「山本誠之助氏の思いが世代を超えて孫の千藤淳さんへ受け継がれ、そして毛呂窪の方々が受け止め、公園という形になりました。奇跡のような話です。心のよりどころとして人々が集い語り合う場所として、未来へつなげてください」と完成を祝いました。
  毛呂窪ふる郷公園は面積約2,000平方メートルで、あずまややトイレ、遊歩道、駐車場が整備されました。


ふる郷公園を入口から見る
(ふる郷公園を入口から見る)

神事で開園を祝う
(神事で開園を祝う)
あいさつする千藤茂行さん
(あいさつする千藤茂行さん)
あいさつする小坂市長
(あいさつする小坂市長)
ふる郷公園を眺める
(ふる郷公園を眺める)



最近の記事

緊急情報

緊急情報のアイコン 警報・特別警報の発表状況をお知らせします。 2017年10月23日11時14分...

2017年10月23日 11時16分
過去の緊急情報
市長の部屋 市議会 申請書ダウンロード キッズページ
窓口のご案内市役所へのアクセス市政窓口各課ご案内
市役所からのお知らせ広報えな音声告知器メール配信サービス
みなさんのご意見・質問声のひろばパブリックコメント投稿フォーム
51,048人
19,634世帯
504.24㎢
平成29年10月1日現在
恵那市の詳細