恵那市 Ena City

Loading
恵那市観光サイトへのリンク
トップページ > 紹介記事一覧 > 2018年4月 > 五毛座で披露された伝統の歌舞伎に拍手喝采

五毛座で披露された伝統の歌舞伎に拍手喝采

総務課 公開日 2018年 4月 16日

  4月14日、飯地町にある地芝居小屋「五毛座」で歌舞伎公演が行われました。五毛座地歌舞伎公演は隔年4月に開催されており、29回目となる今回は笠周(りっしゅう)地域(笠置町、中野方町、飯地町)の三町連携事業として開催しました。
  上演された演目は中学生4人と小学生7人による飯地子ども歌舞伎が『蟇妖術瀧夜叉姫(がまようじゅつたきやしゃひめ) 筑波山岩屋の場』、飯地五毛座歌舞伎保存会による『絵本太功記十段目(えほんたいこうきじゅうだんめ) 尼ケ崎閑居の場』、笠周三町名士による『白浪五人男 稲瀬川勢揃(そろ)い』が披露されました。出演者がせりふや見えを決めるたびに、二階桟敷席などから掛け声が掛かったり、大量のおひねりや祝儀袋が舞台に投げ込まれたりしました。二幕目が終わると、中野方めれた囃子(ばやし)保存会による『中野方めれた囃子』の演奏があり、会場は大いに盛り上がりました。
  五毛座の外には飯地町愛沢会や笠置ゆず組合、中野方不動滝野菜の会が飲食物の販売や、特産品の販売を行い、幕の合間に多くの方でにぎわっていました。
  五毛座は地芝居小屋を兼ねた公民館として、飯地村時代の昭和26年に建築。昭和58年、飯地公民館が建築されたため、歌舞伎専用の施設「五毛座」となりました。平成22年に国の登録有形文化財として登録され、平成27年には市の景観重要建造物に指定されています。


見えを決める『蟇妖術瀧夜叉姫』の一幕
(見えを決める『蟇妖術瀧夜叉姫』の一幕)

『蟇妖術瀧夜叉姫』の一幕でガマと勝負する荒太郎
(『蟇妖術瀧夜叉姫』の一幕でガマと勝負する荒太郎)
『絵本太功記十段目』の一幕
(『絵本太功記十段目』の一幕)
披露される『中野方めれた囃子』
(披露される『中野方めれた囃子』)
『白浪五人男』の一幕
(『白浪五人男』の一幕)
五毛座の外では笠周地域の特産品を販売
(五毛座の外では笠周地域の特産品を販売)



最近の記事

緊急情報


今は緊急情報はありません
過去の緊急情報
市長の部屋 市議会 条例・例規検索サイト 申請書ダウンロード キッズページ
窓口のご案内市役所へのアクセス市政窓口各課ご案内
市役所からのお知らせ広報えな音声告知器メール配信サービス
みなさんのご意見・質問声のひろばパブリックコメント投稿フォーム
50,500人
19,796世帯
504.24㎢
平成30年12月1日現在
恵那市の詳細
リンク集