恵那市 Ena City

Loading
恵那市観光サイトへのリンク
トップページ > 紹介記事一覧 > 2018年5月 > 光秀まつりで大正村が戦国絵巻に包まれる

光秀まつりで大正村が戦国絵巻に包まれる

総務課 公開日 2018年 5月 9日

  戦国武将明智光秀にまつわる名所が多く残る明智町で5月3日、光秀まつりが開催されました。
  恒例の明智光秀公武将行列では、明智かえでホールから大正村広場までの約600メートルを、甲冑姿や着物姿に装った明智小学校6年生児童ら約100人が練り歩きました。行列の主役となる明智光秀役は明智小学校の高橋光弘校長が務めました。勇壮な行列に向かって、沿道に詰め掛けた観衆からは、盛んにカメラが向けられたり手が振られたりしました。
  この日は日本大正村の村長を務める女優の竹下景子さんも行列に参加。山車に乗車し、沿道の歓声に手を振ったり声を掛けたりして応えました。竹下さんを迎えた小坂市長は「毎年お越しいただき、今年で4回目の来村をしていただきました。今年は特に2020年のNHK大河ドラマの主人公が明智光秀と決まったばかり。これも竹下村長のお陰だと感じています。一日たっぷり大正村と恵那市を楽しんでください」と歓迎しました。
  会場の大正村広場一帯では居合演舞や火縄銃演舞など、祭りを盛り上げる催しも繰り広げられ、訪れた多くの観衆を楽しませました。
  大正村広場内にある大正村浪漫亭では、3日間限定販売のみそ味のカステラ「三日天下」や、連続テレビ小説「半分、青い。」にちなんで作られた「青いプリン」が販売されました。売り場の前では大勢が足を止め、買い求める姿が多く見られました。


勇壮に練り歩く武将行列
(勇壮に練り歩く武将行列)

武将行列に参加する小学生ら
(武将行列に参加する小学生ら)
詰めかけた観衆に応える小坂市長(左)と竹下景子村長(右)
(詰めかけた観衆に応える小坂市長(左)と竹下景子村長(右))
迫真の技にくぎ付けになる居合演武
(迫真の技にくぎ付けになる居合演武)
迫力の音で観衆を沸かせる火縄銃演武
(迫力の音で観衆を沸かせる火縄銃演武)
手に取られる限定販売の「三日天下」
(手に取られる限定販売の「三日天下」)

「青いプリン」の販売も好調
(「青いプリン」の販売も好調)



最近の記事

緊急情報


今は緊急情報はありません
過去の緊急情報
市長の部屋 市議会 条例・例規検索サイト 申請書ダウンロード キッズページ
窓口のご案内市役所へのアクセス市政窓口各課ご案内
市役所からのお知らせ広報えな音声告知器メール配信サービス
みなさんのご意見・質問声のひろばパブリックコメント投稿フォーム
50,546人
19,718世帯
504.24㎢
平成30年8月1日現在
恵那市の詳細