恵那市 Ena City

Loading
恵那市観光サイトへのリンク
トップページ > 紹介記事一覧 > 2018年10月 > 足元の青から青い地球を考える環境フェア

足元の青から青い地球を考える環境フェア

総務課 公開日 2018年 11月 2日

  10月27日、市市民会館とその周辺で「えな環境フェア2018」が開催されました。身近なところから環境について考える機会を持ってもらおうと、えな環境フェア2018実行委員会と市で開催しました。環境フェアは平成19年から開催されており、今年で12回目。青く澄んだ空と、清らかな水辺や総面積の8割近い豊かな森林など自然が多く存在し、人々の生活に活力をもたらしてくれる足元の環境を知ることから始めて、持続可能なまちづくりや青い地球の環境を考えます。今年は「『あっ、おーい!』~足もとの青から青い地球へ~」をテーマに、市内外から30以上の企業や団体が参加し、イベントやブース展示、取り組んでいる環境活動の紹介を行いました。
  会場では多くの体験コーナーがあり、電化製品を解体して資源を発見するコーナーや間伐材を使って箸を作る体験、古紙を使った紙すき体験など、来場者は普段ではなかなかできない体験を満喫していました。ブースに設けられたエコクイズに答えてシールを集めるとプレゼントがもらえるイベントもあり、楽しみながら環境について学んでいました。
  屋外ではリサイクル品を売るフリーマーケットやまきストーブの実演、まき割り体験、電気自動車、水素自動車の試乗、ポニーの触れ合い体験もありました。森結希君(5年生)と健悟君(2年生)兄弟はお母さんと一緒に環境フェアを訪れました。結希君は「電化製品の解体体験を初めてやってみたけど、楽しかった」と健悟君は「初めて環境フェアに来たけど楽しいです。来年も来たいです」と話しました。


電化製品を解体して資源を発見する
(電化製品を解体して資源を発見する)

えな環境フェアに多くの団体が出展
(えな環境フェアに多くの団体が出展)
入り口に設置された巨大モニュメント
(入り口に設置された巨大モニュメント)
土岐川流域の魚を展示
(土岐川流域の魚を展示)
タイとネット中継で環境報告を受ける
(タイとネット中継で環境報告を受ける)
いろいろな店が並ぶフリーマーケット
(いろいろな店が並ぶフリーマーケット)



最近の記事

緊急情報


今は緊急情報はありません
過去の緊急情報
市長の部屋 市議会 条例・例規検索サイト 申請書ダウンロード キッズページ
窓口のご案内市役所へのアクセス市政窓口各課ご案内
市役所からのお知らせ広報えな音声告知器メール配信サービス
みなさんのご意見・質問声のひろばパブリックコメント投稿フォーム
50,463人
19,810世帯
504.24㎢
平成31年1月1日現在
恵那市の詳細
リンク集