恵那市 Ena City

Loading
恵那市観光サイトへのリンク
トップページ > 紹介記事一覧 > 2018年10月 > 全国に輝く武並小の防災活動

全国に輝く武並小の防災活動

総務課 公開日 2018年 10月 1日

  内閣府が主催する平成30年防災功労者内閣総理大臣表彰を、武並小学校が受賞しました。同校が取り組む「防災スクール」や「家庭・地域防災会議」が評価されたもので、全国から9個人と30団体が受賞。県内では唯一の受賞となりました。9月18日に総理大臣官邸(東京都)で行われた表彰式に同校の長谷川満校長が出席し、表彰を受けました。同校では、今年3月の防災まちづくり大賞「消防庁長官賞」の受賞に続く快挙となりました。
  同校が平成24年度から実施している「武並小学校防災スクール」は、全校規模で防災に関する体験学習を行うもの。学年が上がるごとに訓練内容がレベルアップし、小学校6年間を通して全ての訓練メニューが習得できるようになっています。学校だけでなく、地域や消防団と連携し、市防災研究会が指導を担うことも特長です。全てのメニューを修了すると同校独自の「武並小子ども防災士」が認定されます。「家庭・地域防災会議」は、家庭や地域での防災活動のきっかけづくりとして、児童が家族や地域の役員などと一緒に、災害時の行動や約束事などを話し合う活動です。
  9月21日には、同校の長谷川満校長と土屋真由美教頭、児童会執行部を代表し6年生の纐纈一誓(いっせい)君と藤岡珠紘(みひろ)さんが市役所を訪れ小坂市長に受賞を報告しました。受賞の報告を受けた小坂市長は「内閣総理大臣表彰おめでとうございます。武並小学校の取り組みが日本中で一番だと認められたということです。市民として、また、市長としてうれしく思います。これまで取り組んできたことが実を結びました。大人になってからも気持ちが続くようにがんばってください」と児童たちに向けてエールを送りました。
  纐纈君は「もらえるとは思っていなかったのでうれしかった。これまで行ってきた訓練は全部心に残っている。今までは教えてもらっていたので、これからは地域や学校で教えていきたい」と、藤岡さんは「総理大臣表彰がもらえるとは正直思っていなかったので、びっくりした。武並町は坂が多いので、高齢者やけがをした人を運ぶことができる毛布担架づくりの訓練が印象に残っている。大人になっても学んだことを覚えていて、地域の避難訓練などで生かしていきたい」と喜びました。


受賞を喜ぶ纐纈君(右から2人目)と藤岡さん(右から3人目)ら
(受賞を喜ぶ纐纈君(右から2人目)と藤岡さん(右から3人目)ら)

防災活動の成果を発表する藤岡さん(右から2人目)
(防災活動の成果を発表する藤岡さん(右から2人目))



最近の記事

緊急情報

緊急情報のアイコン 恵那警察署から「平成30年度年末年始地域安全運動」についてお知らせします。 平成...

2018年12月10日 08時00分
過去の緊急情報
市長の部屋 市議会 条例・例規検索サイト 申請書ダウンロード キッズページ
窓口のご案内市役所へのアクセス市政窓口各課ご案内
市役所からのお知らせ広報えな音声告知器メール配信サービス
みなさんのご意見・質問声のひろばパブリックコメント投稿フォーム
50,500人
19,796世帯
504.24㎢
平成30年12月1日現在
恵那市の詳細
リンク集