恵那市 Ena City

Loading
恵那市観光サイトへのリンク
トップページ > 紹介記事一覧 > 2018年11月 > 恵那川上屋と南高校が地産地消で表彰

恵那川上屋と南高校が地産地消で表彰

総務課 公開日 2018年 12月 3日

  平成30年度の地産地消等優良活動表彰で、株式会社恵那川上屋が食品産業部門で農林水産大臣賞を受賞しました。また恵那南高等学校が、教育関係部門で農林水産省食料産業局長賞を受賞しました。11月26日、市役所で受賞報告会が行われました。
  これは農林水産省と全国地産地消推進協議会が、全国の事業者・団体などによる地産地消や国産農林水産物・食品の消費拡大の推進に関する取り組みを広く募集し、優れた活動を表彰するものです。 恵那川上屋は、地域資源である栗の高付加価値化を生産者やJA、行政と取り組み、栗菓子文化の発信を行っています。また恵那南高等学校と連携し、栗を学習素材として3学年で農業から加工、販売までを学ぶカリキュラムを提供し、新たな担い手の育成と食育を行っています。恵那南高等学校は、平成28年度に株式会社恵那川上屋と恵那市と3者間連携協定を結び、地域経済を担う人材の育成と産業の発展を目的に、栗の栽培、加工、販売(商品化)に取り組んでいます。
  株式会社恵那川上屋と岐阜県立恵那南高等学校のこうした取り組みが、地域の創意工夫ある地産地消や国産農林水産物の消費拡大に資する優れた取り組みであることが評価され、今回の受賞となりました。
  報告会に出席した恵那川上屋の鎌田真悟社長は「大事なことは、心が伝わるかどうかということ。社会に出た後もこれはすごく重要」と、恵那南高等学校の生徒に思いを伝えました。恵那南高等学校からは4人の生徒が報告会に出席しました。3年生の原田未夢さんは「他の学校ではできない貴重な経験ができている。先輩から受け継いだことを、自分たちの代で違う形で表現できた」と感想を話しました。報告を受けた小坂市長は「受賞おめでとうございます。生徒の皆さんの努力、恵那川上屋の大きな協力、先生方の指導が実った結果だと思います」とお祝いの言葉を述べました。
  この日の報告会では、生徒たちが恵那川上屋と協力して開発した栗菓子の試食会も行われました。モンブランやタルト、マカロンなどの洋菓子や大福などの和菓子10種類が載ったプレートを見た市長ら出席者は、豪華さに驚きの声を上げました。このケーキプレートは、明智町の大正村浪漫亭のカフェで1月26日(土曜日)と2月9日(土曜日)に限定販売される予定です。値段は、ドリンク付きで1,200円です。


受賞を喜ぶ鎌田社長(左から2人目)と生徒たち
(受賞を喜ぶ鎌田社長(左から2人目)と生徒たち)

生徒考案の、栗を使ったケーキプレート
(生徒考案の、栗を使ったケーキプレート)
受賞の感想を報告する生徒
(受賞の感想を報告する生徒)



最近の記事

緊急情報


今は緊急情報はありません
過去の緊急情報
市長の部屋 市議会 条例・例規検索サイト 申請書ダウンロード キッズページ
窓口のご案内市役所へのアクセス市政窓口各課ご案内
市役所からのお知らせ広報えな音声告知器メール配信サービス
みなさんのご意見・質問声のひろばパブリックコメント投稿フォーム
50,500人
19,796世帯
504.24㎢
平成30年12月1日現在
恵那市の詳細
リンク集