恵那市 Ena City

Loading
恵那市観光サイトへのリンク
トップページ > 紹介記事一覧 > 2019年1月 > 恵那北中生が特産品のユズを使った和菓子を考案

恵那北中生が特産品のユズを使った和菓子を考案

総務課 公開日 2019年 1月 28日

  1月25日、恵那北中学校で1年生27人が地元特産品のユズを使った和菓子作り体験をしました。生徒は総合的な学習の一環で、地元の笠置町で特産品としてユズが生産されていることを学習し、昨年11月にはユズの収穫体験をしたり、かさぎゆず組合の加工工場で加工工程を見学したりしました。生徒たちは体験や見学をしたことで笠置町のユズをもっとアピールしたいと思い、ユズを使った商品のアイデアを出し合った中から、ユズを使った和菓子を作ってアピールすることにしました。和菓子のデザインは、笠置町のイメージキャラクター「ゆずもちゃん」をモチーフにしたものです。
  生徒のアイデアを形にするための講師は、かさぎゆず組合員でもある和菓子職人の林静雄さん。和菓子は白あんにユズゼリーを練り込んで作りました。林さんは「和菓子で色を出すためには、少しずつ色素を混ぜて色を出す繊細な技が必要です」と説明し、ユズの葉っぱを作るために緑の色素を練り込んで、形を手の上で整えると、見事な葉っぱの形ができました。美しい葉っぱの出来栄えに生徒からは驚きの声が上がり、中には「葉っぱに命が吹き込まれた」と声を上げる生徒もいました。
  プロの技を間近で見て、地域の特産物アピールのための貴重な体験ができました。


和菓子を作り出す手元に注目する生徒
(和菓子を作り出す手元に注目する生徒)

細やかな職人技で葉っぱの部分を作る
(細やかな職人技で葉っぱの部分を作る)
和菓子の色を出す色素をほんの少し添加
(和菓子の色を出す色素をほんの少し添加)
練り込むユズゼリーを切る
(練り込むユズゼリーを切る)
あんを丸めて小分けにする
(あんを丸めて小分けにする)
ゆずもちゃんをモチーフにした和菓子
(ゆずもちゃんをモチーフにした和菓子)



最近の記事

緊急情報

緊急情報のアイコン 市では、市民の皆さまに便利に窓口を利用していただくために、毎月最終日曜日に休日窓...

2019年02月21日 08時00分
過去の緊急情報
市長の部屋 市議会 条例・例規検索サイト 申請書ダウンロード キッズページ
窓口のご案内市役所へのアクセス市政窓口各課ご案内
市役所からのお知らせ広報えな音声告知器メール配信サービス
みなさんのご意見・質問声のひろばパブリックコメント投稿フォーム
50,429人
19,820世帯
504.24㎢
平成31年2月1日現在
恵那市の詳細
リンク集