恵那市 Ena City

Loading
恵那市観光サイトへのリンク
トップページ > 紹介記事一覧 > 2019年3月 > 歓喜の歌が響き渡る35年ぶりの恵那第九

歓喜の歌が響き渡る35年ぶりの恵那第九

総務課 公開日 2019年 3月 8日

  3月3日、恵那文化センターで35年ぶりとなるベートーベン作曲の交響曲第9番ニ短調作品125合唱付きが、市民ら約170人によって披露されました。恵那文化センターは3月4日から9月30日まで大ホールの大規模改修工事が行われ、7カ月ほど使用できなくなります。改修工事直前の恵那文化センター大ホール最後の公演として、1984(昭和59)年同センターのこけら落としで披露された交響曲第9番、いわゆる第九を再演しようと「再びの恵那第九」と題して恵那第九実行委員会が主催しました。
  第1部は三つの演目が披露されました。一つは『オーケストラ演奏』と題し、恵那第九特別オーケストラが「アイデア」「美女と野獣」「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」の3曲を演奏。次に『少年とオーケストラ』では恵那第九合唱団青少年と恵那市少年少女合唱団、串原中学校生徒らが「BELIEVE」と「花は咲く~NHK東日本大震災復興支援ソング~」を歌い上げました。最後に恵那第九合唱団が『唱歌とオーケストラ』と題し、「ふるさとの四季」を歌いました。いずれの演目も恵那第九特別オーケストラが伴奏しました。
  第2部はメインイベントの第九が披露され、約900人の聴衆で満席となった会場に35年ぶりに歌声が響き渡りました。


再演される第九
(再演される第九)

第一部で披露した「青少年とオーケストラ」
(第一部で披露した「青少年とオーケストラ」)
恵那第九合唱団の歌声が響き渡る
(恵那第九合唱団の歌声が響き渡る)
終演とともに拍手喝采が沸き起こる会場
(終演とともに拍手喝采が沸き起こる会場)
多くの方聴衆が来場した恵那文化センター
(多くの方聴衆が来場した恵那文化センター)



最近の記事

緊急情報

緊急情報のアイコン クマの目撃情報について、お知らせします。5月25日(土曜日)午前6時30分頃、串...

2019年05月25日 07時22分
過去の緊急情報
市長の部屋 市議会 条例・例規検索サイト 申請書ダウンロード キッズページ
窓口のご案内市役所へのアクセス市政窓口各課ご案内
市役所からのお知らせ広報えな音声告知器メール配信サービス
みなさんのご意見・質問声のひろばパブリックコメント投稿フォーム
50,206人
19,912世帯
504.24㎢
令和元年5月1日現在
恵那市の詳細
リンク集