他の予防接種との接種間隔について

更新日:2022年09月08日

新型コロナワクチンと他のワクチンとの間隔

新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンとの同時接種が可能となりました

 新型コロナウイルスワクチンとインフルエンザワクチンとの同時接種が、令和4年7月22日から可能となりました。

 ただし、その他の予防接種においては、2週間(厳密には13日)以上の間隔をあける必要がありますので注意ください。

 予防接種を受ける際は、新型コロナウイルスワクチン接種済証または接種記録書などを持参し、医療機関において接種日を伝えてください。

 

接種間隔に注意が必要な主な予防接種一覧
  • 高齢者用肺炎球菌
  • 日本脳炎
  • 子宮頸がんワクチン
  • 二種混合
  • 麻しん風しんワクチン、風しんワクチン

(参考)厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A

新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンは、同時に接種することはできますか

 

この記事に関するお問い合わせ先

新型コロナウイルスワクチン接種推進室

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 北庁舎

電話番号:26-2111(内線543、542、541、540)