コロナとともにある「新たな日常」を

更新日:2020年05月15日

市民の皆さまへ

新型コロナウイルスは、私たちの目の前から消え去ったわけではありません。私たちは、常にその危険性を忘れることなく、身の周りに潜むウイルスを意識しながら、「新しい日常」を生き抜いていく必要があります。

1.新しい生活様式の定着を

人との距離を確保

  •  職場や外出先でのイスや行列等では、人との間隔を取りましょう(できるだけ2メートル。最低1メートル)。
  • 在宅勤務や時差出勤を活用しましょう。
  • できる限り予約を取って外出しましょう。

マスク着用

  • 仕事や買い物などで外出するときは、必ずマスクを着用しましょう。ただし、高温や多湿といった環境下でのマスクの着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあるので、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクを外すようにしましょう。また、鼻で呼吸することも心がけましょう。

手洗い

  • 帰宅したときや、不特定多数の触れる部分に触った後は、必ず手を洗いましょう。

自らの体調管理

  • 検温をはじめ、自らの体調確認を心がけ、体調不良の場合は、無理をして外出・出勤しないようにしましょう。

2.感染リスクの高い場を避ける

感染リスクが高まる3つの「密」がそろう場には、近づかないようにしましょう。

  1. 換気の悪い密閉空間
  2. 多数が集まる密集場所
  3. 間近で会話や発声をする密接場面
  • ナイトクラブ等接待を伴う飲食店、スポーツジムなど呼気が激しくなる室内運動の場など、感染の恐れが高い場所は特に注意しましょう。

また、不要不急の帰省や旅行など、感染が流行している地域からの移動や、感染が流行している地域への移動は控えましょう。

事業所・店舗の皆さまへ

県が示した感染防止対策の実施をお願いします。

関連リンク

岐阜県ホームページや厚生労働省ホームページで詳しく情報提供されていますので、ご確認ください。

 

 

 

お問い合わせ 恵那市コールセンター 0573-22-9567(直通)