熱中症対策とマスクの着用について

更新日:2022年06月30日

熱中症予防

夏場は、熱中症のリスクが高くなるため、マスク不要の場面では、マスクを外すことを推奨します。マスクを着用して、激しい運動をすることは避けましょう。

また、こまめに水分補給をしましょう。

マスク着用の考え方は以下の通りです。

マスクの着用について

厚生労働省から、マスク着用の考え方が示されました。

屋外で身体的距離が確保できる、会話を行わない行動など、一定の条件下であればマスクを着用しなくても構いません。ただし、いつでも着用できるよう、マスクは常に持ち歩いてください。

また、引き続き「三密(密集・密接・密閉)を避ける」、「手洗いや消毒」、「換気」などの基本的な感染対策をお願いします。

屋内においてマスク着用を不要とする場合

  • 身体的距離(2メートル以上)が確保でき、会話をほとんどしないとき

屋外においてマスク着用を不要とする場合(会話をほとんどしない)

  • ランニングなど、離れて行う運動をするとき
  • 鬼ごっこなど密にならない外遊びをするとき
  • 徒歩や自転車での移動など、人とすれ違うとき

屋外でマスク着用を必要とする場合

  • 身体的距離(2メートル以上)が確保できない状態で会話するとき
  • 人が密集しているとき
  • 発熱や風邪の症状があり、通院などの理由により外出するとき など

小学校就学前の児童について

2歳以上の取り扱いについて

保育所などでは、個々の発達状況や体調等を踏まえる必要があることから、他者との身体的距離にかかわらず、マスクの着用を一律には求めません。

注意:施設内に感染者が発生した場合や施設管理者の判断により、可能な範囲でマスク着用を求めることがあります。

注意:2歳未満(乳幼児)は、引き続きマスク着用を推奨しません。

この記事に関するお問い合わせ先

健幸推進課 健幸企画係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎2階

電話番号:0573-22-9172
ファクス:0573-20-2122