NPO法人坂折棚田保存会が清流ミナモ賞を受賞

更新日:2020年10月01日

 本年度の清流ミナモ賞を受賞した特定非営利活動法人(NPO法人)坂折棚田保存会(中野方町)が10月1日、小坂市長を訪問し、受賞の喜びを報告しました。

 この賞は、県内各地での「清流の国」づくりを一層盛り上げていくため、そのモデルとなる団体が表彰されます。平成25年度に創設され、第8回となる今回は、県内で3団体が受賞しました。

 NPO法人坂折棚田保存会は、棚田を中心とした里山の環境を保全するため、農業体験や石積み塾、棚田オーナー制度など、地域住民や観光客が参加・協力するまちづくりを推進しています。豊作を願う祭りなど、地域の伝統を守り伝えていることも評価され、今回の表彰となりました。

 理事長の田口譲(ゆずる)さんは「石積みの美しい棚田や山を含む一帯の景色は、400年にわたり地域に住む人々の努力によって作られてきたもの。石積みを守るのは大変なこと。引き続き皆さんの応援をお願いします」と話しました。報告を受けた小坂市長は「年間を通じて石積み塾やイベントなどに取り組まれ、多くのファンがいることは大変すばらしい。毎年6月に開催される田の神様灯祭りは『画になる』『魅力がある』と評判で、多くのカメラマンが集まる。地域の大事な原風景をこれからも守り続けてください」とお祝いの言葉を述べました。

NPO法人坂折棚田保存会が清流ミナモ賞を受賞

表彰状を持つ田口譲理事長(中央)と柘植羌副理事長(右)

この記事に関するお問い合わせ先

農政課 農政係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎3階

電話番号:0573-22-9193
ファクス:0573-25-8933