ぎふクリスタル国体2021へ、気合い十分!

更新日:2020年11月27日

 令和3年1月27日から31日まで、県クリスタルパーク恵那スケート場で、第76回国民体育大会冬季大会スケート競技会(スピード)が開催されます。岐阜県で開催するのは9年ぶり。市民も選手も、熱気が高まっています。
 大会を2カ月前に控えた11月27日、市体育連盟所属の強化選手が市役所を訪れました。
 この日訪れたのは、県招致の高田衛選手(北海道帯広市出身)と石川将之選手(山梨県北杜市出身)、市招致の一戸大地選手(北海道網走郡出身)、遠藤龍輝選手(恵那市三郷町出身)の4人。選手たちは「練習の成果をしっかり出せるように頑張りたい」「地元恵那市に恩返しができるようにいい結果を残したい」などと意気込みを語りました。
 小坂市長は「今年はコロナ禍で思うように練習もできず大変だったと思います。ここ恵那市で、皆さんのトップクラスの滑りを見られるのは、市民にとって大きな財産。全力を尽くして頑張ってください」と話しました。
 11月29日(日曜日)には、恵那文化センターで総決起大会を開催します。強化選手らの他、大会応援大使の勅使川原郁恵さんや歌舞伎役者の中村いてうさん、和太鼓奏者の加藤拓三さん、大会関係者が、大会への機運を盛り上げます。

この記事に関するお問い合わせ先

スポーツ課 国体開催準備室

〒509-7122
岐阜県恵那市武並町竹折970番地1 
岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場内

電話番号:0573-28-2230、0573-28-2231
ファクス:0573-28-3369