地元に貢献をとフェイスシールド寄贈

更新日:2020年12月01日

フェイスシールド贈呈した東山フィルムの役員

 東山フイルム株式会社恵那工場(武並町)から12月1日、フェイスシールド1000セットが市に寄贈されました。

 東山フイルム株式会社はフィルムの生産や加工をしており、メガネフレームメーカーとの開発でフェイスシールドが誕生しました。

 恵那工場長の水野辰生取締役は「コロナ禍で販売できる製品をと考え、フェイスシールドを作りました。昨年は会社創立70周年だったこともあり、地元に何か貢献したいと思っていました。現場で役立てていただけたらと思っています」と寄贈への思いを話しました。

 小坂市長は「雇用や経済の面からも日頃の企業活動に感謝しています。来月には恵那スケート場で国体が開催されますが、コロナ禍での大きな大会となり注目されています。いただいたフェイスシールドは、国体や、医療機関と福祉施設で有効に活用させていただきます」とお礼の言葉を述べました。

目録を贈呈
感謝状を贈呈

この記事に関するお問い合わせ先

商工課 企業誘致推進室

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎3階

電話番号:0573-22-9198
ファクス:0573-26-2861