コロナ禍で戦う医療機関と教育施設へ寄付

更新日:2020年06月12日

  イシデンエンジニアリング株式会社(大井町)と石原電機株式会社(中津川市)を含むイシックスグループは、新型コロナウイルス感染症の流行で厳しい状況下にある医療機関や教育施設を支援するため、市へ1,000万円を寄付しました。イシデンエンジニアリング株式会社は今年で設立30周年、石原電機株式会社は50周年の節目の年。予定していた記念式典などが新型コロナウイルス感染症の影響で取りやめになったのを機に、日頃お世話になっている地域の皆さんに恩返しができたらという思いで今回の寄付に至ったとのことです。
 6月12日、市役所で開催した贈呈式で、イシデンエンジニアリング株式会社の三宅正敏取締役は「今後も地域の発展のために取り組んでいきたい」と話しました。
  寄付金を受け取った小坂市長は「近年まれに見る、このコロナという非常事態で、厳しい状況の中、このような寄付を頂いて大変感謝いたします」とお礼を述べ「医療と教育のため有効に使わせていただきます」と話しました。

小坂市長(中央右)に寄付金を贈呈するイシデンエンジニアリング株式会社の三宅取締役(中央左)

この記事に関するお問い合わせ先

地域医療課 医療施設係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎2階

電話番号:0573-22-9169
ファクス:0573-26-2136