共に手を携え更生できる社会を目指して

更新日:2020年07月01日

 7月1日、恵那市役所で、恵那保護区保護司会による「第70回社会を明るくする運動」の伝達式が行われました。
  この運動は、犯罪や非行の防止と、罪を犯した人の改善更正への理解を含め、安全で安心な社会を目指す全国的な運動。例年強化月間と再犯防止啓発月間の7月に、全国各地で啓発活動が実施されます。
  市役所での伝達式は、運動の一環として、強化月間に合わせて実施。内閣総理大臣からのメッセージと岐阜県知事からのメッセージが小坂市長に伝達されました。
  恵那保護区保護司会の坂英承(さかえいしょう)会長は「恵那市では犯罪の数は徐々に減ってきているが、新型コロナウイルス感染症の影響で、世の中がどうなるか分からない今、危惧している」と話しました。小坂市長は「日頃から、市民の皆さまのために影となり支えていただき、ありがとうございます。コロナウイルスの感染者を特定しようとしたり、『自粛警察』と呼ばれるような、過剰に神経質になったりする傾向も見られます。同調圧力に負けず、皆さんが前を向いていけるような明るい社会を目指したいです」と応えました。

内閣総理大臣からのメッセージを読み上げる恵那保護区保護司会の坂会長(右)

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 行政係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 本庁舎3階

電話番号:0573-26-2111
ファクス:0573-25-6150