心がほっと恵那の旅! 観光商品券で市内を遊び尽くそう

更新日:2020年07月10日

 新型コロナウイルス感染症の影響で、市内の観光業も大きな打撃を受けています。落ち込んだ市内の観光業を盛り上げ、市内外から観光客を呼び込むため、市では、観光キャンペーンを開始します。「心がほっと恵那の旅」を合言葉に、さまざまな仕掛けで観光業を盛り上げていきます。


 キャンペーン第一弾として、観光商品券を販売します。市内の飲食店や菓子屋、土産物屋、道の駅、宿屋などの観光施設や事業所で共通に使えるお得な商品券です。
 商品券は、500円券13枚で1セット。1セット5,000円で購入でき、6,500円分の利用ができます。プレミアム率はなんと30パーセント。市内外問わず誰でも購入できます。

観光商品券のイメージ画像

 インターネットか窓口で、1人3冊まで購入できます。インターネットでの販売は、令和2年7月15日(水曜日)から8月31日(月曜日)まで、窓口での販売は8月1日(土曜日)から8月31日(月曜日)までで、どちらも売り切れ次第終了です。
 窓口での販売場所は、大井町の「えなてらす」、恵那峡ビジターセンター、岩村町の「えなてらす、いわむら。」、明智町の大正村観光案内所の4カ所です。インターネットで購入した場合の受け取り場所もこの4カ所です。専用ウェブサイトは、7月15日(水曜日)に公開予定。詳細は、この市ウェブサイトでもお知らせします。

 商品券は、市内の取扱加盟店で、8月1日(土曜日)から令和3年1月14日(木曜日)の期間内で利用できます。7月10日現在の取扱加盟店数は106店舗で、今後も加盟店の募集を続けていきます。

 販売開始を目前に控えた7月10日、市役所でPRの場が設けられました。市と、一般社団法人市観光協会、一般社団法人ジバスクラムで構成する市観光商品券事業実行委員会と、加盟店を代表した6の事業者が集まりました。
 株式会社恵那川上屋の門田剛さんは「お客さまが安心して来店できるよう、コロナ対策を万全にしています」とPRしました。あまから本店の西尾大介さんは「恵那市に立ち寄るだけでなく、一日中遊んだり、泊まったりしてもらいたい」と話しました。
 訪問を受けた小坂市長は「たくさんの人が観光に訪れてくれるよう、市を挙げて支援していきます」と力を込めました。

観光商品券をPRする関係者の皆さん

この記事に関するお問い合わせ先

観光交流課 観光企画係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎3階

電話番号:0573-22-9201
ファクス:0573-26-2861