地域で守ろう子どもたちの安全

更新日:2020年07月17日

大井町長島町の合同パトロールに出発する市民ら

大井町長島町の合同パトロールに出発する市民ら

  7月17日、大井町の中山道大井宿広場で、毎年恒例の大井町・長島町夏休み前一斉パトロール出発式が行われました。
  これは、平成17年に大井町内の各種団体や有志により発足した「大井町地域防犯パトロール隊」が毎年行っているもの。小中学校の夏休み開始前に、青少年の見守りを行い自主防犯意識を高めることを目的としており、平成20年には活動が認められ内閣総理大臣賞を受賞しています。平成27年からは長島町と合同で開催しており、今回が6回目の合同パトロールです。
  今年は、新型コロナウイルス感染症の予防のため、規模を縮小して開催。例年より少ない60人が参加しました。大井町地域防犯パトロール隊の岩井慶次隊長は「皆さんの活動一つ一つが市全体の安全につながる。地域で一緒に子どもを守っていきましょう」とあいさつしました。長島町交通防犯パトロール隊の三戸喜久雄隊長は「今年はコロナの影響で夏休みが短く、子どもたちはいつもと違う過ごし方になる。非行に走ったり、事故や事件に巻き込まれたりしないよう、地域の目で見守りを」と話しました。小坂市長は「日頃のパトロール活動、ありがとうございます。コロナや大雨など、緊急事態といえる日々が続いています。このような中でも、このような防犯パトロール活動は、生活を維持するためにとても大切なことです」と話しました。恵那警察署の長尾昌典署長は「犯罪などから子どもたちを守るため、温かい目と厳しい目で見守ってほしいです」と力を込めました。
  その後、蛍光色の帽子とベストに身を包んだ参加者が、防犯パトロールに出発。グループに分かれ、徒歩で市内をパトロールしました。

この記事に関するお問い合わせ先

危機管理課 危機管理係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 本庁舎3階

電話番号:0573-22-9184
ファクス:0573-26-4799