「麒麟がくる」うちわで暑さを和らげて

更新日:2020年08月17日

寄贈したうちわを見せる皆さん

左から小坂市長、日本郵便株式会社東海支社東美濃地区連絡会の春田統括局長、馬島副統括局長、菅原恵那部会長

 8月17日、日本郵便株式会社東美濃地区連絡会から大河ドラマ「麒麟がくる」をモチーフに描いたミニうちわ千枚が寄贈されました。

 うちわは、大河ドラマ「麒麟がくる」で地域をPRしようと日本郵便株式会社東海支社と東美濃地区郵便局長会で2万枚制作。デザインは、入社3年目の社員、有賀千穂さん(土岐定林寺郵便局)が水彩で描きました。管内各郵便局での配布に加え関係市町でも活用してもらおうと、本市のほか可児市や御嵩町などに寄贈されました。

 日本郵便株式会社東海支社東美濃地区連絡会統括局長の春田宣康(のりやす)さんは「暑い夏、このうちわでPRし、明智光秀ゆかりの地にも足を運んでもらえたらと思います。これからも郵便局のネットワークを生かして、この地域の良さを広めていきたいです」と話しました。

 市では、大河ドラマ館で、来館記念に配布するなどして活用する予定です。

制作したうちわの説明をする春田さん
寄贈されたうちわ

この記事に関するお問い合わせ先

観光交流課 観光企画係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎3階

電話番号:0573-22-9201
ファクス:0573-26-2861