おいしそう!恵那市産の豚肉を使ったお弁当

更新日:2021年01月16日

 地元の安心・安全な食を生産者から直接購入できる場として、毎月第3土曜日に開催している「たべとるマルシェ」。今回は、恵那市産豚肉を使用した弁当を販売する豚肉復活PRフェアも同時に行われ、弁当をテイクアウトしようと市民らが買い求めました。

 市内の養豚場は、平成30年から令和元年度にかけて発生した豚熱(かつては豚コレラと呼ばれていました)で大きな打撃を受けましたが、環境整備と防疫対策を強化し、順次、生産を再開しています。

 そこで市では、恵那市産豚肉復活PRフェアを企画。今回は、銭坂畜産(山岡町)の豚肉を使った豚カツ弁当と豚生姜焼き弁当を、600円(税込)で販売しました。この弁当は、市内の料理店が、地元産の野菜やイモも入れて作った今回だけの特製弁当。10時に開店すると、楽しみにしていた市民らが次々と買い求め、用意した豚カツ弁当35個、豚生姜焼き弁当30個は、20分ほどで売り切れました。

 母親と一緒に豚生姜焼き弁当を購入した伊藤輪(りん)くん(大井町)は、「おいしそうなお弁当。早く食べたい」と喜んで持ち帰りました。横光広恵さん(上矢作町)は、「今日はお弁当を目当てに来ました。豚熱の報道があって、恵那には養豚農家がこんなにあることを知りました。これからも頑張ってほしいです」と話しました。

 今後、2月20日(土曜日)、3月20日(土曜日)のたべとるマルシェでも、豚肉のPRを行う予定です。

豚肉の弁当を購入する
恵那市産の豚肉を使った弁当

 たべとるマルシェには、今回は市内や中津川市から13店が出店。感染防止対策を取り、時間を短縮して行われました。

 子どもと訪れた鈴木友美さん(大井町)は「以前このマルシェで購入したキムチがおいしかったので、また買いました。お店の方が自分のことを覚えていてくれて、嬉しかったです」と話しました。

たべとるマルシェ1
たべとるマルシェ2

この記事に関するお問い合わせ先

農政課 農政係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎3階

電話番号:0573-22-9193
ファクス:0573-25-8933