こども版画コンクール 広重賞は北小6年水野さん

更新日:2021年03月07日

最高賞の広重賞を受賞した作品の前に立つ水野さん

 


  3月7日、第17回市こども版画コンクールの表彰式が中山道広重美術館で行われました。このコンクールは、子どもたちが自分の生まれ育ったふるさとの景色や身近な人々との関わりを見つめ、発見したことや感じたことを版画にすることで、作品を創り出す楽しさや自己表現することを体験し、周りの人と共感し合うことを目的としています。
 今回のコンクールには市内33のこども園・保育園・小中学校から、昨年より110点多い、3,002点の応募がありました。このうち168点が特別賞や奨励賞、入選に選ばれました。
 

 最高賞の広重賞を受賞した作品は、恵那北小学校6年生、水野幸将さんの『武並神社』。水野さんは「長島町久須見にある武並神社は、いつも地域の祭りをやっていて、小さい頃から親しみのある場所。空の雲を工夫して描いた」と作品について話し「版画は、彫るのが面白いので好き。受賞してうれしい」と笑顔を見せました。コンクール実行委員会の永谷繁明委員長は「水野さんの作品は、暮らしの中で感じているふるさとの風景を作品にしようという思いが伝わる。審査の中で非常に評価が高かった」と話しました。
  市こども版画コンクールの特別賞や奨励賞、入選作品を展示する作品展は、中山道広重美術館2階の展示室2で3月14日(日曜日)まで開催しています。作品展開催中に限り、2階の展示室2のみ観覧料金が無料です。

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習課 文化振興係 

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎4階

電話番号:0573-22-9183
ファクス:0573-26-2189