目標は日本一!ソフトボールで全国大会出場

更新日:2021年03月17日

全国大会に出場する安江さんと牧瀬さん

 3月16日、ソフトボールで全国大会へ出場する選手の激励会が市役所で行われました。

 全国大会に出場するのは、多治見西高等学校1年の安江満莉香さん(長島町)と牧瀬悠依さん(東野)。2人はそれぞれ、家族がやっているからと小学生で野球を始め、地域のスポーツ少年団に所属。中学では恵那西中学校と恵那東中学校のソフトボール部で競ってきました。お互いについては「顔を知っているくらいだった」と言いますが、高校で初めてチームメートになりました。

 多治見西高等学校は、昨年10月に行われた岐阜県予選会で優勝し、全国大会への出場権を得ています。この日の激励会で、安江さんは「思うように練習できなかったり大会が中止となったりしましたが、日本一を目標に励んできました。優勝に貢献できるようにがんばります」、牧瀬さんは「この大会に向けて毎日練習を重ねてきました。その成果を発揮して優勝できるようがんばります」と、意気込みを述べました。

 小坂市長は「支えてくれた周りの人に感謝の気持ちを持って、悔いのないよう全力を出し切ってください」と激励しました。

大会への思いを語る安江さんと牧瀬さん

 「今までとは比べものにならないほどきつい練習で、辞めたいと思った時もあった」と話す安江さんと牧瀬さん。「でも辞めたい時期を乗り越えたので、今は楽しいです」と笑顔で話し、「これから学校で練習です」と市役所を後にしました。

  第39回全国高校女子ソフトボール選抜大会は、3月20日(土曜日)から23日(火曜日)まで、栃木県大田原市美原運動公園野球場などで行われます。

この記事に関するお問い合わせ先

スポーツ課 スポーツ振興係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎4階

電話番号:0573-22-9182
ファクス:0573-26-2189