安心安全への意識を高めてと、こども手帳を寄贈

更新日:2021年03月16日

 3月16日、公益財団法人日本公衆電話会から『こども手帳~ぼくも、わたしも社会の一員』500冊が寄贈され、教育長室で贈呈式が行われました。

 この冊子は、未来を担う子供たちに安全安心への意識を高めてもらおうと、「自ら考え行動する」という視点で制作されており、自分の体や命を守る方法や、社会のルールなどが記載されています。

 同財団岐阜支部の西川孝志事務局長は「この手帳は会員の会費で制作しており、役員に推薦された市町村に寄贈しています。恵那市へは平成27年から続けて寄贈させていただいており、これで7回目です。防災教育などに役立てていただけたらうれしいです」と話しました。

 市教育委員会では、次年度の市内5年生児童に配布し、授業で活用する予定です。

こども手帳を贈呈した日本公衆電話会相談役ら

この記事に関するお問い合わせ先

学校教育課 学校教育係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎4階

電話番号:0573-22-9210
ファクス:0573-26-2155