市議会全員協議会をリモートで開催

更新日:2021年03月24日

 恵那市議会(鵜飼伸幸議長、18人)は3月23日、リモート(遠隔)形式としては初めてとなる全員協議会を開きました。

 タブレット端末とウェブ会議システムZOOM(ズーム)を使い、議員17人は自宅などから、小坂市長は執務室から出席。進行を務めた千藤安雄副議長と市執行部14人は、市役所の災害対策室から行政組織の見直しや、中央公園改修の検討結果などについて説明し、質疑応答が行われました。

 約60分の会議中、通信や音声が途切れるなどの不具合はなく、千藤安雄副議長は「資料と画面を見ながらの進行には慣れが必要。画面に写る人数に限りがあるため、発言を求める議員の特定が難しいという課題が明らかになった。活発な質疑が行われ、試行としては成功した」と感想を語りました。

 今後は、全員協議会や議員の勉強会での新型コロナウイルス感染症対策として、また、災害等の緊急時における市からの情報提供や、議会内の情報連絡手段として活用していく予定です。

この記事に関するお問い合わせ先

議会事務局

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 本庁舎4階

電話番号:0573-22-9204
ファクス:0573-25-8209