第95回国展で国画賞を受賞

更新日:2021年05月18日

受賞作品を説明をする成田さん

大井町在住の成田淑恵(よしえ)さんが、第95回国展で国画賞を受賞し、市役所に受賞報告に訪れました。

国展は、国画会が運営する日本最大級の公募展。絵画、版画、彫刻などの作品が全国から出品されます。成田さんは、絵画部825点の中から最優秀に選ばれ、国画賞を受賞しました。

受賞作品はF130号サイズ(1940×1620ミリ)の大きな油彩。象牙の密猟のためにゾウが爆破されたという事実に衝撃を受け、作品に表現したと言います。

成田さんは「以前はかわいらしい動物を描いてきましたが、上辺だけでなく根幹がしっかりした作品を作りたいと考え、人間と動物の共存をテーマに描くようになりました」と説明。今回入賞したVOICEシリーズは、平成16年頃から描き続けているシリーズで、「人間の身勝手でゾウが被害を受けていることを多くの人に知ってもらえたら」と話しました。

「国展へは2度目の出品で大きな賞をいただき、本当に驚きました」と、受賞についての喜びを語りました。成田さんの作品は、名古屋での国展巡回展に展示されます。


第95回国展巡回展
5月25日(火曜日)~30日(日曜日)愛知県美術館ギャラリー

関係者と受賞報告に訪れた成田さん

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習課 文化振興係 

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎4階

電話番号:0573-22-9183
ファクス:0573-26-2189