タブレットを使ってドローンをプログラミング

更新日:2021年06月16日

飛行したドローンを笑顔で見つめる児童ら

 上矢作小学校では、小学5,6年生を対象に、ふるさと学習やプログラミング教室の一環として、1年間で7回に及ぶドローン教室を実施しています。6月16日は、その2回目を開催。5,6年生児童23人は、講師を務める株式会社ROBOZの石田宏樹さんから、プログラミングの仕組みなどを学んだ後、タブレットを使って実際にプログラミングを体験。離陸や進行距離、回転、着陸など、ドローンの動きをアプリに入力しました。児童らは、プログラミングしたドローンの行方を笑顔で見つめていました。
 初めてドローンのプログラミングに挑戦した5年生の安藤由真さんは「ドローンが思うように動かず苦労したけど、楽しかったです」と笑顔を見せました。

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 広報広聴係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 本庁舎3階

電話番号:0573-22-9176
ファクス:0573-25-6150