東京2020オリンピックに向けて、ポーランド大使が恵那市を訪問

更新日:2021年07月09日

特製の応援法被と鉢巻を身に着けたミレフスキ大使(前列左から2人目)

特製の応援法被と鉢巻を身に着けたミレフスキ大使(前列左から2人目)

ポーランド共和国カヌーチームの事前キャンプの開催を控えた7月7日、駐日ポーランド共和国特命全権大使のパヴェウ・ミレフスキさんが、恵那市役所を訪問しました。

庁舎前では、市ホストタウン推進実行委員会や市議会議員、市職員らがミレフスキ大使を歓迎。関係者を前にミレフスキ大使は「ポーランド代表がメダルを獲得することができれば、恵那市の皆さまのおもてなしとサポートのおかげです。温かい気持ちで選手を迎えてください」と話しました。小坂市長は「市民の多くがポーランドについて学び、皆さんと交流できることをうれしく思います。ポーランドカヌーチームの活躍を心から願います」と歓迎の意を表しました。

特製の応援法被と鉢巻を身に着けたミレフスキ大使には、小坂市長から歌川広重の浮世絵が贈られました。

市役所前でミレフスキ大使を歓迎

市役所前でミレフスキ大使を歓迎

浮世絵などの記念品を贈呈

浮世絵などの記念品を贈呈

笠置峡ボート・カヌー場を視察

笠置峡ボート・カヌー場を視察

さらに、7月8日には、事前キャンプを行う笠置峡ボート・カヌー場を視察しました。

ミレフスキ大使は「自然豊かで山に囲まれたこの場所は、風も少なく練習に適している。数ある練習場の中でも良い場所だ」と笑顔を見せました。

ポーランドカヌーチームの事前キャンプは、7月18日から始まる予定です。

この記事に関するお問い合わせ先

スポーツ課 スポーツ振興係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎4階

電話番号:0573-22-9182
ファクス:0573-26-2189