大塚製薬株式会社と包括連携協定を締結

更新日:2021年07月12日

包括連携協定を結んだ恵那市の小坂喬峰市長(左)と大塚製薬の井上務・名古屋支店長(右)

 市と大塚製薬株式会社(本社東京都千代田区)は、相互に連携・協力して、健康づくりの推進等に向けて取り組むことで、市民の健康的な生活の実現に資することを目的として、7月12日、健康づくり等に係る包括的連携協定を結びました。

【連携・協定事項】

  1. 健康づくりの推進に関すること
  2. 生活習慣病予防の推進に関すること
  3. 熱中症対策に関すること
  4. 市内企業の健康経営に関すること
  5. スポーツ振興に関すること
  6. その他健康づくりの取り組み、健康増進に資する目的を達成する為に必要な事業に関すること

 今年度は具体的な事業として、市民への熱中症対策の知識普及を目的に、教員や保育教諭、スポーツ指導員などを対象とした「熱中症対策アドバイザー」養成講座をオンデマンドにより実施します。

 小坂市長は「健康で長生きは皆の願い。市民の健康のため、一緒に取り組んできたい」とあいさつしました。大塚製薬株式会社ニュートラシューティカルズ事業部名古屋支店の井上務支店長は「健康は個人だけの問題ではなく、社会活動や経済活動の活性化にも重要な課題となっている。市民の皆さまが毎日を元気で活発に過ごせるよう、最大限のパートナーシップを構築する」と話しました。

この記事に関するお問い合わせ先

企画課 総合政策係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 本庁舎3階

電話番号:0573-22-9179
ファクス:0573-25-6150