チャーチル会恵那が画展の収益金を寄付

更新日:2020年03月10日

寄付金を贈呈するチャーチル会の小板代表

寄付金を贈呈するチャーチル会の小板代表(右)

寄付金を持つ市長と小板代表

チャーチル会の小板代表(右)と小坂市長(左)

   2月21日から23日の3日間、恵那文化センターで、絵画サークルのチャーチル会恵那によるチャリティー画展が開催されました。この収益金を市に寄付するため、3月10日、同会代表の小板幸光さんが市役所を訪れました。
   同会のチャリティー画展は今回で21回目で、毎回、市へ寄付を行っています。小板さんは「今回は49作品を展示し、そのうち33作品が販売できました。ぜひ社会福祉に役立ててください」と話し、寄付金7万円を小坂市長に手渡しました。寄付金を受け取った市長は「毎回寄付をいただき、ありがとうございます。今回で21回目ということで、息の長い取り組みに感謝申し上げます。有効に活用させていただきます」とお礼を述べました。この寄付金は、社会福祉事業に役立てられる予定です。

この記事に関するお問い合わせ先

社会福祉課 福祉総合相談係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎1階

電話番号:0573-22-9136
ファクス:0573-25-7294