窓口での支払いがスマホでも可能に

更新日:2020年03月13日

 3月10日から、市役所窓口での手数料の支払いなどがキャッシュレス決済に対応しました。

 この日は、キャッシュレス決済開始式として、職員や明智光秀の格好をした市民サービス部部長、市公式キャラクターのエーナが支払いのデモンストレーションを行いました。開始式で、小坂市長は「他市にない市民サービス部をつくり、若手職員のアイデアなどを実現してきました。キャッシュレス決済で利便性が向上しますが、今後も親切で相談しやすい窓口作りに努め、市民サービスの向上を目指していきます」とあいさつ。市と連携協定を結んだ株式会社十六銀行からは、恵那支店の中島豊己(とよみ)支店長が開始式に立ち合い「日常でのキャッシュレス決済が増えてきており、この動きは拡大していくと思われます。これからも多様な支払いの手段を提供し、サービスの向上に努めたいと思います」と話しました。

 市では、株式会社十六銀行、株式会社十六カード、十六コンピュータサービス株式会社とキャッシュレス決済の推進に関する連携協定を2月13日に締結し、準備を進めてきました。

 この日からは、窓口で住民票などを取得した場合、電子マネーやクレジットカードなどでの支払いが可能となりました。市民税や国民健康保険保険料、上下水道料金などの納付書での支払いは、自宅で納付書のバーコードを読み取り、スマホアプリでの支払いが可能となりました。

窓口でスマートフォンをかざして支払いをする

窓口でスマートフォンをかざして支払い

窓口でクレジットカードで支払いをする

窓口でクレジットカードで支払い

納付書のバーコードをよみこんでスマホアプリで支払いをする

納付書のバーコードを読み込んでスマホアプリで支払い

キャッシュレス決済開始式であいさつをする小坂市長

開始式に出席した十六銀行の中島支店長(左)と小坂市長

キャッシュレス決済が可能な支払い

窓口で住民票などを取得した場合の手数料

納付書払いの市民税など

この記事に関するお問い合わせ先

市民課 住民係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎1階

電話番号:0573-22-9124
ファクス:0573-20-0123