看板を見て少しでも笑顔になって

更新日:2020年05月13日

懸垂幕の縮小パネルを寄贈した渡邉代表取締役

5月11日、広告や看板の企画制作を行う有限会社アド・ループ(大井町)から、懸垂幕2枚が寄贈されました。

懸垂幕は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために不要不急の外出自粛などが続く中で、市民の皆さんの応援になればと、同社が作成。少しでも明るい気持ちになってほしいと、あえてコロナウイルスの文字を入れず、市公式キャラクターエーナと優しい色合いで仕上げました。

この日は、同社代表取締役の渡邉敏夫さんが、懸垂幕を縮小したパネルを小坂市長に手渡しました。小坂市長は「大型連休が終わり、気が緩みがちな時なので大変ありがたいです。手洗い、うがい、マスク、換気は、緊急事態宣言が解除された以降でも使えるキーワード。これからも市民の皆さんにPRしていきたいです」と話しました。

懸垂幕は、恵那駅西駐車場とまきがね公園入口に1つずつ設置されています。

この記事に関するお問い合わせ先

危機管理課 防災係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 本庁舎3階

電話番号:0573-22-9184
ファクス:0573-26-4799