まきがね公園体育館にバドミントンネットを寄贈

更新日:2020年10月14日

寄贈したバドミントンネットを持つバドミントン愛好会代表の古田まゆ美さん(右から4人目)と恵那市体育連盟会長の山本好作さん(右から3人目)ら

 10月14日、まきがね公園体育館を拠点に活動しているバドミントン愛好会が、同体育館を管理する恵那市体育連盟にバドミントンネット3張を寄贈しました。
 昭和56年に結成したバドミントン愛好会は、今年で40周年を迎えます。それを記念し、普段から利用しているまきがね公園体育館のバドミントンネットが老朽化していたことから、バドミントンネットの寄贈を決めました。同会代表の古田まゆ美さんは「まきがね公園体育館でバドミントンをプレーする際に、多くの方々に使ってもらえるとうれしいです」と話しました。
 バドミントン愛好会の会員は現在5人(ビジター登録者は10人)で、これまで延べ151人が在籍。「みんなで楽しく健康に」をモットーに活動を続けています。

この記事に関するお問い合わせ先

スポーツ課 施設管理係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎4階

電話番号:0573-22-9182
ファクス:0573-26-2189