恵那農業高校が農業アクション大賞を受賞

更新日:2020年11月20日

 全国の農業高校の生徒が、3年間の活動期間中にグループで取り組む「農」「食」に関するプロジェクトや課題研究を評価する全国高校生農業アクション大賞。その大賞に、恵那農業高等学校の「花咲かみつばち倶楽部」が選ばれ、11月20日、市役所で受賞報告が行われました。
 花咲かみつばち倶楽部は、ミツバチの餌になる花粉を確保するため、耕作放棄地を使ってエゴマとレンゲの二毛作を実施。さらに、収穫したエゴマやハチミツなどを商品化する取り組みが評価されました。
 大賞審査のプレゼンテーションで発表者を務めた3年生の鈴木佑菜(ゆうな)さんは「大賞を受賞することができ、とてもうれしかったです。最初は慣れないことも多く、ハチに刺されたときは痛かったけど、今ではハチがとても愛しい存在になっています。この活動を終わらせないために、後輩たちに引き継いでいきたいです」と喜びを語りました。

この記事に関するお問い合わせ先

農政課 農業振興係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎3階

電話番号:0573-22-9193
ファクス:0573-25-8933