ドローンってすごい! 上矢作小で体験教室

更新日:2020年11月20日

 11月19日、上矢作小学校でドローンの体験教室が開かれ、5・6年生25人が参加しました。講師は、同町に本社を置く株式会社ROBOZの石田宏樹代表取締役。石田さんは「ドローンは、高い所や狭い所など、人間が行けない場所に行けます。橋の検査や山にいる野生動物の生態調査、農薬の散布など、幅広い分野の仕事に役立っています。ドローンはおもちゃではなく、いわば空飛ぶコンピュータです」と話しました。
 ドローンの説明を聞いた後、児童らは三つのグループに分かれ、ドローンを実際に飛ばしたり、プログラミングを体験したり、ドローンがその場で撮影した映像をバーチャルで観賞したりしました。自分の手でドローンを操縦した、5年生の太田芽衣沙さんは「飛ばすのは難しかったけど、すごく楽しかった」と興奮気味に話しました。

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 広報広聴係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 本庁舎3階

電話番号:0573-22-9176
ファクス:0573-25-6150