ポーランド共和国カヌーチームへ横断幕とゴールドポスト型貯金箱を贈呈

更新日:2021年07月20日

 東京2020オリンピック競技大会に向けて、本市で事前キャンプを行っているポーランド共和国カヌーチームを応援するため、20日、日本郵便株式会社東美濃地区連絡会恵那部会から横断幕とゴールドポスト型貯金箱が贈呈されました。

 

 横断幕は、縦110センチメートル、横250センチメートルで、ポーランド国旗を模した白と赤の二色の布地に「POWODZENIA POLSKO」(ポーランド語で「がんばれポーランド」)の文字が並んでいます。文字を形作るのは、市内16局85人の社員が応援の気持ちを込めて一つひとつ手で折った千羽鶴。厚い布地にしっかりと縫い込まれています。事前キャンプに来るポーランド共和国カヌーチームへ応援の声を届けたいと思い、社員自ら考えて作成したものです。

千羽鶴が縫い込まれた横断幕

 ゴールドポスト型貯金箱は、日本の昔ながらの丸型郵便ポストをモチーフにした貯金箱で、オリンピックで金メダルを獲得してほしいという思いから、金色のペイントが施されています。ポスト型貯金箱にも、ポーランド語や日本語で社員からの応援メッセージが添えられています。

メッセージが添えられたゴールドポスト型貯金箱

 菅原部会長は「少しでもポーランドカヌーチームの力になればという思いで作成しました。日本に来てもらった記念品にもなったらうれしい」とチームの活躍を願いました。
 横断幕とゴールドポスト型貯金箱を受け取った小坂市長は「必ずやカヌーチームへお届けします。こうして皆さんと一緒に応援できることがとてもうれしいです」と話しました。

 

 横断幕は今後、チームの宿泊先となるかんぽの宿恵那やトレーニング場所となる笠置峡などで掲げられる予定です。また、30日(金曜日)のオンラインによる壮行会において、ゴールドポスト型貯金箱と共にポーランド共和国カヌーチームへ贈呈されます。

この記事に関するお問い合わせ先

スポーツ課 スポーツ振興係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎4階

電話番号:0573-22-9182
ファクス:0573-26-2189