ポーランドカヌーチームをオンラインで歓迎

更新日:2021年07月20日

 7月19日、東京五輪に出場するポーランドカヌーチームを歓迎するため、選手が宿泊する施設と市役所、市内小中学校などをオンラインで結んだ歓迎会を開催しました。
 歓迎会では、小坂市長から「こうして会える日を待ち望んでいました。選手の皆さんが金メダルを取れるよう、そして、練習に専念できるように全力でサポートします」という熱い歓迎メッセージと、マスクやTシャツなど歓迎品が贈られました。チームリーダーのジスワフ シュプスキーさんは「コロナの影響で地元の人と関われないのは残念。笠置峡は、とても穏やかできれいな場所。気に入っています」とあいさつしました。
 歓迎会の後には、交流会を開催。恵那北中学校3年生4人から「いつからカヌーを始めたましたか?」「試合前のルーティンはありますか?」などの質問が選手に寄せられると、「8歳から始めた」「試合前は必ず自分が好きな靴下をはくことがルーティン」と笑顔で答えていました。
 ソフトテニスの県大会を控える小栗りほ佳さんは「オリンピック選手のルーティンを教えてもらい、今度の試合前に実践してみようと思います。質問には気さくに答えてくれて、うれしかったです」と笑顔を見せました。

歓迎会と交流会の様子をYouTubeで配信中

この記事に関するお問い合わせ先

スポーツ課 スポーツ振興係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎4階

電話番号:0573-22-9182
ファクス:0573-26-2189