東濃遊技業組合が新型コロナ感染症対策資器材を寄贈

更新日:2021年11月25日

左から小坂市長、金光淳用県遊技業組合理事長、西原大蔵東濃遊技業組合副組合長、小栗消防長
 

 東濃5市と可児市で営業するパチンコ・スロットの店舗で組織する東濃遊技業組合は、社会・地域貢献活動の一環として、市に新型コロナウイルス感染症対策資器材を寄贈し、11月25日に贈呈式が行われました。

 同組合から市へは、平成22年から令和元年まではAEDを毎年1台。昨年は救急活動に役立つ資機材として、災害用テントを寄贈いただきました。

 今回、寄贈されたのは、救急車内に設置する空気清浄機1台と、患者の呼気や飛沫を外部に出さずに搬送することができる簡易型アイソレータ3台です。

 贈呈式で県遊技業組合の金光淳用理事長は「遊技業の営業環境は厳しいが、市民の皆さんの安心、安全な生活に基づいて娯楽業は成り立っている。プレッシャーが多い社会において、ちょっとした息抜きは治安維持の重要な役割を担っている。今後も一市民として貢献し、努力します」と話しました。寄贈品を受け取った小坂市長は「コロナ禍で事業の状況が厳しい中、社会・地域貢献活動を続けられていることに敬意を表します。救急の現場ではコロナが心配されるが、大きな力になります」とお礼を述べました。

 空気清浄機は恵那消防署の救急車に搭載、簡易型アイソレータは岩村消防署、明智消防署、上矢作分署に配備し、有効に活用させていただきます。

この記事に関するお問い合わせ先

消防課

〒509-7203
岐阜県恵那市長島町正家1015番地2 消防防災センター

電話番号:0573-26-0119
ファクス:0573-26-0120