新年恒例の消防出初式を開催

更新日:2022年01月08日

 1月8日、新年恒例の消防出初式が市消防防災センターで行われました。
 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、昨年に引き続き、恵那駅前の中央通りなどで行っていた分列行進や恵那トビはしご登りの演技披露、一斉放水は中止。消防団員の人数を絞り、来賓や観覧者がいない中で式典を行いました。

 式典では、消防管理者の小坂市長が「昨年5月と8月の豪雨災害では、道路や護岸の崩壊、土砂崩れなど多くの被害が発生したが、消防団の長時間にわたる活動により、被害を最小限に抑えることができた。災害から市民の生命と財産を守るため、今後も活躍を期待する」とあいさつしました。また、安藤克己消防団長が「消防行事の中止や延期が続く中でも、感染予防を工夫しながら訓練してきた。訓練は市民だけでなく、団員自らを守ることにつながる。今後もしっかり取り組んでいく」と訓示しました。
 その後、消防庁長官表彰や県知事表彰、日本消防協会長表彰、県消防協会長表彰、市消防協会長表彰、市消防団長表彰、団長特別表彰が行われ、団員らの功績をたたえました。

 また、式典終了後には出席者が見守る中、消防行事の中止などにより発表の機会が失われている消防音楽隊の演奏、恵那とびはしご登りの演技披露、らっぱ隊の演奏が行われました。

市長による団員手帳点検

消防音楽隊の演奏

恵那とびはしご登りの演技披露

らっぱ隊の演奏

この記事に関するお問い合わせ先

消防総務課

〒509-7203
岐阜県恵那市長島町正家1015番地2 消防防災センター

電話番号:0573-26-0119
ファクス:0573-26-0120