市プレミアム付き商品券に、スマホで使える電子商品券が登場します

更新日:2022年06月29日

商品券のPRをする実行委員長ら

 新型コロナウイルス感染症や物価高騰などで大きな打撃を受けた市内事業者の支援、地元消費の拡大と地域経済活性化を目的に、本年も市プレミアム付商品券が販売されます。

 今回は、これまでの紙の商品券に加え、スマートフォンで利用できる電子商品券が新たに登場するため、6月22日、市商品券事業実行委員会が事業のPRに市役所を訪れました。

 電子商品券の発行は県内2例目、東濃地域では初めての取り組み。同実行委員会の加藤博靖委員長は「電子商品券は、若年層の消費喚起を促すとともに、中小企業のデジタル化推進の足掛かりにもなる。商品券で恵那市を元気にする手助けができれば」とあいさつしました。

 同実行委員会から事業を受託した株式会社十六銀行の藤井茂樹常務執行役員は「一人でも多くの方に利用いただき、電子の利便性を感じてもらいたい。電子商品券が地元経済活性化の一助になれば幸い」と話しました。

電子商品券の利用体験をする小坂市長

 その後、加藤委員長と小坂市長が、スマートフォンを使って電子商品券の利用を体験しました。利用者はスマートフォンの地図上で店舗を検索でき、店舗では二次元バーコードを示すことで商品券を使用できます。小坂市長は「わかりやすくて、特に若い世代には便利に利用していただけるのでは」と感想を述べました。

 商品券は、電子、紙ともに8月1日(月曜日)から販売開始。購入できるのは市民か市内事業所に勤務する方で、電子と紙を合わせて一人5セットまで。いずれも事前に申し込みが必要です。

 

市プレミアム付き商品券

電子商品券

  • 発行数 総額230,000千円分(20,000シート)予定
  • 販売価格 1シート10,000円
  • プレミアム率 15パーセント(1シート額面11,500円)
  • 構成内容  一般店専用

紙商品券

  • 発行数 総額110,000千円分(10,000シート)予定
  • 販売価格 1シート10,000円
  • プレミアム率 10パーセント(1シート額面11,000円)
  • 構成内容  一般店専用券(青券))6,000円分、一般店・大型店共通券(赤券)5,000円分

取扱加盟店

恵那商工会議所・恵那市恵南商工会の会員で加盟店登録を行った事業者(募集中)

※6月20日現在で合計359店舗

発行者

恵那市商品券事業実行委員会(恵那市恵南商工会、恵那商工会議所、恵那市)
 

購入方法など

電子・紙を合わせて一人5セットまで購入できます(予定)。

電子商品券

  • 申込期間 8月1日(月曜日)午前9時~8月15日(月曜日)
    ※ウェブサイトで申し込み
  • 利用期間 9月1日(木曜日)~令和5年2月28日(火曜日)

紙商品券

  • 申込期間 8月1日(月曜日)~8月26日(金曜日)
    ※専用はがきで申し込み
  • 利用期間 10月1日(土曜日)~令和5年3月31日(金曜日)

この記事に関するお問い合わせ先

商工課 商工振興係

〒509-7292
岐阜県恵那市長島町正家一丁目1番地1 西庁舎3階

電話番号:0573-22-9198
ファクス:0573-26-2861