【解除】新型コロナ感染症対策 恵那市非常事態宣言を解除

更新日:2021年11月24日

11月24日、市非常事態宣言を解除

 令和3年10月28日から11月3日までの1週間に、市内の接待を伴う飲食店を発端として15人の感染者が確認され、クラスター(感染者集団)が発生しました。これを国の感染状況の指標である人口10万人当たりの新規感染者数に換算すると30.84人となり、ステージ4(25人)を上回ったため、本市は、11月3日に市独自の非常事態宣言を発出し、対策に取り組んできました。

 その結果、クラスターに由来する最後の新規感染者を11月10日に確認後、健康観察期間の2週間が経過したため、クラスターは終息しました。

 このため、本市は、11月24日に新型コロナ感染症対策 恵那市非常事態宣言を解除しました。

 市民と事業者の皆さまのご理解、ご協力により、当初の宣言期間(11月30日)より早く非常事態宣言を解除することができました。

 なお、宣言を解除しても、感染のリスクが無くなるわけではありません。年末を迎え、再び感染が拡大することがないよう、これまでと同様に基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。

引き続き感染防止対策を

事業者支援策

市長メッセージ

以下は、11月3日の情報です

市内で新規感染者が急増しています。
10月28日から11月3日までの1週間に、市内で15人の感染者が確認されています。これを人口10万人あたり新規感染者数に換算すると30.84人に達しており、国基準でいうステージ4(25人)を上回る状況です。
現在の県の10万人あたり新規感染者数は3.37人であり、恵那市が一番高い水準となっています。
15人中14人は、接待を伴う飲食店において発生した クラスターによるもので、感染者の中には外国人市民4人も含まれています。
現在は、特定の店舗を中心に感染が発生している状況ですが、このまま放置しておくと、他の飲食店や家族などに拡大するなど、市中に感染の再拡大が生じる恐れがあります。
また、ワクチンを接種しても油断なく基本的な感染防止 対策を継続する必要があります。
こうしたことから、市独自の非常事態宣言を発出し、以下の対策に集中的に取り組んでまいります。

対策期間は11月3日から11月30日まで

1.市民への危機意識の醸成

  • 「恵那市非常事態宣言」の発出
  • ワクチン接種後の方を含めて、以下の基本的な感染防止対策を市民に徹底(防災行政無線、音声告知放送、市民メール、SNS等あらゆる手段を用いて周知)マスク着用、手指消毒、三密回避の徹底、体調不良時は行動ストップ
  • 会食は、4人までを基本とし、できる限り予約をして短時間で
  • ワクチン未接種者に対し、個別案内を再発送(1回目は9月に発送済)

2.飲食店への働きかけ

  • 市内の全飲食店に対し、感染防止対策徹底を働きかけ
  • 特に接待を伴う飲食店には、11月3日から直接訪問し、感染防止対策を厳しくチェック

3.外国人市民対策

  • 外国人市民に対し、外国人労働者の派遣事業者、市内事業所を通じて感染防止対策徹底を働きかけ
  • 外国人市民専用のワクチン優先接種枠を設置

4.市が実施するイベントでの対策

  • 人との距離の確保、手指消毒、健康チェック(検温、マスクの着用確認等)、多数の人が触れる(特に手や口)場所は、消毒を重点的に実施、入退場の分散、休憩・換気をこまめに行うなどを徹底

市長メッセージ

【お問い合わせ先】
 恵那市新型コロナウイルス感染症対策本部
 電話:(直通)0573-22-9567(午前8時30分から午後5時15分まで)