恵那市 Ena City

Loading
恵那市観光サイトへのリンク
トップページ > くらしのガイド > 安心・安全 > 消防・防災 > 緊急地震速報の訓練放送

緊急地震速報の訓練放送

最終更新日2018年11月5日

緊急地震速報訓練を実施します

消防庁と気象庁では、全国瞬時警報システム(Jアラート)を使用した緊急地震速報の全国的な訓練を実施します。この訓練に伴い、恵那市でも防災行政無線の屋外スピーカーと各戸の音声告知器が自動起動し放送を行う訓練を実施します。
市民の皆様のご理解、ご協力をお願いします。

訓練の概要

訓練の目的

この訓練は、国から発信される訓練用の緊急地震速報を、全国瞬時警報システム(Jアラート)を活用し、市町村が受信確認や起動手順の確認を行うこと、市内に訓練放送を流し市民の皆さんが地震発生時に自分の身を守れるよう安全行動をとる訓練の機会とすることです。

訓練実施日時

平成30年度は、下記の日程で訓練が実施されます。

平成30年11月1日(木曜日)午前10時ごろ

※当日の気象や地震活動状況などにより訓練用の緊急地震速報発表を中止することがあります。

訓練放送内容

市内全域の防災行政無線の屋外スピーカーと各戸の音声告知器で放送が流れます。

チャイム音
放送「こちらは広報えなです。ただいまから、訓練放送を行います」
緊急地震速報チャイム音
放送「緊急地震速報。大地震です。これは訓練放送です」(3回繰り返し)
放送「こちらは広報えなです。これで訓練放送を終わります」
チャイム音

※放送に合わせ、地震による強い揺れが来たことを想定し、家庭や職場などで「姿勢を低くする」「頭や身体を守る」「揺れが収まるまで待つ」といった安全行動を実施してみましょう。

全国瞬時警報システム(J-アラート)とは?

緊急地震速報や弾道ミサイル情報など、対処に時間的余裕のない事態に関する緊急情報を、国から人工衛星および地上回線を通じて瞬時に伝達するシステムです。

緊急地震速報とは?

緊急地震速報は、地震の発生直後に、各地での強い揺れの到達時刻や震度を予想し、可能な限り素早く知らせる情報のことです。強い揺れの前に、自らの身を守ったり、列車のスピードを落としたり、あるいは工場等で機械制御を行うなどの活用がなされています。

緊急地震速報リーフレット(気象庁)(PDFファイル 3035KB)


お問い合わせ

担当課  危機管理課 防災係 


電話 0573-26-2111(内線355、354、353)、(IP)050-5808-9521
ファクス 0573-26-4799

応対時間 月曜日から金曜日(土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く)
午前8時半から午後5時15分まで(災害警戒中を除く)


このページの内容は参考になりましたか?(以下のラジオボタンのいずれかをお選びください。)
このページの内容はわかりやすかったですか?(以下のラジオボタンのいずれかをお選びください。)