恵那市 Ena City

Loading
恵那市観光サイトへのリンク
トップページ > くらしのガイド > 保険・福祉 > 介護保険 > 要介護認定・要支援認定申請

要介護認定・要支援認定申請

最終更新日2019年5月18日

概要

介護保険のサービスを利用するには、まず申請をし、介護や支援が必要かどうかの審査をして、要介護・要支援認定を受けることが必要です。

対象者

第1号被保険者 (65歳以上の方)
第2号被保険者 (40歳から64歳までの方で医療保険に加入している方)

第2号被保険者の方は老化に伴う病気(16種類の特定疾病)が原因で介護が必要になった場合に限定されます。

持ち物

第1号被保険者 介護保険被保険者証

第2号被保険者 医療保険証(健康保険証)

 主治医の氏名と病院名を確認してきてください。

 更新の場合は、上記の他に「介護保険(要介護等更新認定)申請のご案内」

平成28年1月からマイナンバー制度の開始に伴い、本人が申請する場合は番号確認資料と身元確認資料が、代理人が申請する場合は本人の番号確認資料と代理人の身元確認資料、代理権確認資料が必要となります。詳しくは、「介護保険制度におけるマイナンバー対応」をご覧ください。

提出先

高齢福祉課か各振興事務所

料金

無料

申請方法

在宅での介護・支援を希望される方は、「居宅(介護予防)サービス計画作成依頼(変更)届出書」の提出が必要となります。印鑑が必要となります。
主治医が恵那・中津川管内の場合は別に「問診票」が必要となります。

ダウンロード

介護保険 要介護等認定申請書(両面)(平成30年4月から)(PDFファイル 170KB)

居宅(介護予防)サービス計画作成依頼(変更)届出書(平成28年1月から)(PDFファイル 156KB)

問診票(PDFファイル 132KB)

介護保険 要介護認定・要支援認定申請取下依頼書(Wordファイル 38KB)

介護保険 被保険者証等再交付申請書(平成28年1月から)(PDFファイル 96KB)

郵送による手続き

電話などでご確認ください。

備考

  • 申請後の流れ

    認定調査 調査員が家庭(入院等の場合は病院など)を訪問し、食事や歩行などの心身の状態を調査します。

    主治医意見書 主治医が恵那・中津川管内の場合は問診票を記入していただき、市より意見書の依頼をいたします。更新申請で、主治医が恵那・中津川管内の方は、受診時等に問診票と更新案内下部の介護保険 主治医意見書提出依頼書を主治医に提出してください。 

  • 認定申請の取り下げ
    申請後、取り下げる必要がある場合は、「介護保険 要介護認定・要支援認定申請取下依頼書」を提出してください。 
  • 介護保険被保険者証の再交付

    介護保険証などを紛失された方は、介護保険 被保険者証等再交付申請書を提出してください。なお、本人確認書類が必要です。


     



 

「用語解説」に関するご連絡は、ウェブリオまで問い合わせください。

お問い合わせ

担当課  高齢福祉課 介護保険係 


電話 0573-26-2111(内線163、162、161)
ファクス 0573-25-7294

応対時間 月曜日から金曜日(土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く)
午前8時半から午後5時15分まで


このページの内容は参考になりましたか?(以下のラジオボタンのいずれかをお選びください。)
このページの内容はわかりやすかったですか?(以下のラジオボタンのいずれかをお選びください。)
よくある質問ご意見・お問い合わせ