恵那市 Ena City

Loading
恵那市観光サイトへのリンク
トップページ > まちの情報 > 恵那市のまちづくり > 男女共同参画を理解する

男女共同参画を理解する

最終更新日2017年5月31日

男女共同参画とは

 男女共同参画とは、文字通り【男女】が【共】に【同】じ目的のために関わり、【参画=その一員となり行動を共にする】ことです。つまり、男らしく、女らしくではなく、一人一人が自分らしく幸せに生きるという同じ目的に向かって、性別に関わらず共に行動することです。
 それには、性別による固定的な役割分担意識を取り払い、誰もが個性と能力を発揮して活躍するために、一人一人違う人間であることを理解し、お互いに話し合い、歩み寄り、認め合うことが大切です。

なぜ男女共同参画が必要なのか

 第2次恵那市男女共同参画プランのキャッチフレーズは「話し合い 支え合おうよ わが家も恵那も」です。話し合い、支え合うことで、みんなが自分らしく幸せに生きられる恵那市をつくる。男女共同参画を進めることは、男性も女性も、子どもから高齢者まで、みんなが幸せに住み続けられる恵那市をつくるために、とても大切なことなのです。

男女共同参画社会を推進するための法律

 男女共同参画社会の形成を総合的かつ計画的に推進することを目的として、平成11年6月23日、 「男女共同参画社会基本法」 が公布・施行されました。
 男女共同参画社会基本法では、男女共同参画社会を実現するための5本の柱(基本理念)を掲げ、国、地方公共団体及び国民の責務を明らかにし、男女共同参画社会の形成の促進に関する施策の基本となる事項を定めています。

男女共同参画は国の施策として重要視されています

 男女共同参画社会基本法の前文には、「男女共同参画社会の実現を二十一世紀の我が国社会を決定する最重要課題と位置付け、社会のあらゆる分野において、男女共同参画社会の形成の促進に関する施策の推進を図っていくことが重要である。」と書かれています。
 少子高齢化の進展や国内経済活動の成熟化等、社会経済情勢の急速な変化に対応するためにも、男女共同参画社会の形成が今後の日本にとって非常に重要となるのです。

男女共同参画について、もっと知りたい方へ

 男女共同参画についてもっと知りたい方は、下記のウェブサイトをご覧ください。




 

「用語解説」に関するご連絡は、ウェブリオまで問い合わせください。

このページの内容は参考になりましたか?(以下のラジオボタンのいずれかをお選びください。)
このページの内容はわかりやすかったですか?(以下のラジオボタンのいずれかをお選びください。)