恵那市 Ena City

Loading
恵那市観光サイトへのリンク
トップページ > 紹介記事一覧 > 2015年 > 2015年12月 > 岩村町の伊藤さんがミラノ万博出展を報告

岩村町の伊藤さんがミラノ万博出展を報告

総務課 公開日 2015年 12月 11日

筆で紙に思いをつづる「書画家」として活動している岩村町の伊藤一樹さん(35歳)が、ことし5から10月にイタリアで行われたミラノ国際博覧会で自身の作品を出展しました。12月10日、市役所で、市長へ出展の報告が行われました。
伊藤さんは愛知県春日井市出身。「言葉には命を輝かせる力がある」と信じ、独自の筆文字で表現する作品を作り続けています。昨年岩村町に移住し、古民家を改修したギャラリーをオープンさせました。
今回のミラノ国際博覧会は、「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding The Planet, Energy For Life)」がテーマ。日本館では「JAPAN ART TASTING EXPO 2015」と銘打った、日本の芸術を世界に味わってもらうイベントが開催され、書や陶芸など伝統的な芸術作品が並びました。書は28作品出展され、その中の一つが伊藤さんの作品。角が無く力強い独特の作風を見初められ、今回の出展へと至りました。
出展を終えてイタリアから帰ってきたばかりの作品を抱え、市長に報告を行った伊藤さん。博覧会のテーマから連想し「太陽」という言葉を堂々と書き現した作品は、縦130センチメートル、横70センチメートルの大作。「毎日当たり前のように昇って沈む太陽に、いつもエネルギーをもらっているということを表現した」と作品への思いを話しました。作品を見た市長は「堂々として迫力のある作品ですね」と感嘆の声を上げました。


出展した作品を手にする伊藤さん(中央)
(出展した作品を手にする伊藤さん(中央))

作品に込めた思いを熱く話す
(作品に込めた思いを熱く話す)
市長に「縁」という言葉をプレゼント
(市長に「縁」という言葉をプレゼント)



最近の記事

緊急情報

緊急情報のアイコン 恵那警察署からお知らせします。 山岡町馬場山田地内で行方不明になっていた70歳...

2019年09月15日 07時46分
過去の緊急情報
市議会 条例・例規検索サイト 申請書ダウンロード

恵那市公式Facebook 恵那市公式Instagram

窓口のご案内市役所へのアクセス市政窓口各課ご案内
市役所からのお知らせ広報えな音声告知器メール配信サービス
みなさんのご意見・質問声のひろばパブリックコメント投稿フォーム
50,038人
19,925世帯
504.24㎢
令和元年9月1日現在
恵那市の詳細