恵那市 Ena City

Loading
恵那市観光サイトへのリンク
トップページ > 紹介記事一覧 > 2019年4月 > 利用拡大に向けまきがね公園体育館がリニューアル

利用拡大に向けまきがね公園体育館がリニューアル

総務課 公開日 2019年 4月 8日

  まきがね公園体育館で4月6日、リニューアルオープンセレモニーがあり、利用者や関係者ら約350人が、式典やアトラクションで施設の利用再開を祝いました。
  同体育館は昭和63年の開館から31年が経過しており、老朽化した建物や設備の改修工事を実施。約1億9900万円をかけて外壁の補強や屋根の塗装、館内の空調や照明の整備、床の張り替え、トイレの洋式化などを行い、幅広い利用者への対応が改善されました。
  正面玄関前で行われた式典では、利用者や来賓、市関係者らがテープカットでリニューアルオープンを祝いました。小坂市長は「これからは高齢者や障がい者、生活習慣病の方など、健康づくりのためにも使っていただきたいと思っています。スポーツ、イベントの中核的な拠点施設としてこれからも利用してください」とあいさつしました。
  館内にある健康体力センターのトレーニング機器も一新されました。機器の選定にあたっては日本人の体型に合わせた機器、手すりなどがついて乗り降りのしやすい機器、幅広い年齢層、高齢者や障がい者も有効なトレーニングができる機器である点を重視。高齢者や障がい者向けトレーニング機器が4台設置されるなど、合計33台が更新されました。式典後に行われた機器のデモンストレーションでは、市内在住で昨年の福井国体に出場した加藤哲平さん(カヌー競技)と、和戸達哉さん(陸上競技)の二人が機器を使用しながら、使い方や効果を紹介しました。
  体育館では、多治見市を拠点に活動する男子バスケットボールのクラブチーム「岐阜セイリュウヒーローズ」を招待して、恵那市社会人チームとの交流試合が披露されました。市内小中学生のバスケットボールクラブチームによる交流試合も行われ、選手らは新しくなった館内で伸び伸びと競技を楽しみました。


テープカットでリニューアルオープンを祝う
(テープカットでリニューアルオープンを祝う)

利用者や関係者が参加し行われた式典
(利用者や関係者が参加し行われた式典)
トレーニングマシンの実演を行う加藤さん(右端)と和戸さん(右から2人目)
(トレーニングマシンの実演を行う加藤さん(右端)と和戸さん(右から2人目))
ずらり並ぶトレーニング機器
(ずらり並ぶトレーニング機器)
迫力のプレーを見せる岐阜セイリュウヒーローズの選手
(迫力のプレーを見せる岐阜セイリュウヒーローズの選手)
岐阜セイリュウヒーローズの選手は子どもたちとも触れ合う
(岐阜セイリュウヒーローズの選手は子どもたちとも触れ合う)

競技を楽しむバスケットボールの小中学生クラブチーム
(競技を楽しむバスケットボールの小中学生クラブチーム)
スポーツやイベントへの活用が一層期待される体育館
(スポーツやイベントへの活用が一層期待される体育館)



最近の記事

緊急情報

緊急情報のアイコン  市役所 健幸推進課から、胃、大腸がん検診についてお知らせします。   市では、...

2019年05月27日 09時00分
過去の緊急情報
市議会 条例・例規検索サイト 申請書ダウンロード

恵那市公式Facebook 恵那市公式Instagram

窓口のご案内市役所へのアクセス市政窓口各課ご案内
市役所からのお知らせ広報えな音声告知器メール配信サービス
みなさんのご意見・質問声のひろばパブリックコメント投稿フォーム
50,134人
19,891世帯
504.24㎢
令和元年6月1日現在
恵那市の詳細