恵那市 Ena City

Loading
恵那市観光サイトへのリンク
トップページ > 紹介記事一覧 > 2019年7月 > 未来の防災リーダー目指し少年消防隊が訓練

未来の防災リーダー目指し少年消防隊が訓練

総務課 公開日 2019年 7月 7日

  7月7日、市消防防災センターで、市少年消防隊が訓練活動を行いました。
  少年消防隊は市内に住む小学5、6年生の希望者169人で組織されています。消防や防災に関する訓練や見学を行い、自分たちの町は自分たちで守るということを学んでいくものです。5月19日の入隊式に続き、この日が今年2回目の活動日でした。
  参加した154人の隊員は、五つのグループに分かれ、消防隊員や消防団員の指導の下訓練活動を行いました。
  規律訓練では、整列の仕方や姿勢などを学びました。一人で勝手な行動をせず、規律を守り、気持ちを一つにすることの大切さを教えられた隊員らのまなざしは、真剣そのものでした。
  救急訓練では、人形を使い、心臓マッサージを体験しました。初めて心臓マッサージを行ったという大井小学校5年生の小池虹心(にこ)さんは「本物の人間にマッサージしたら骨が折れてしまいそうで、大変だと思った」と話し、「心臓が止まった人に遭遇したら、周りの人に助けを求めながら、自分も学んだことを生かしたい」と意気込みました。
  消火訓練では、映像を使った疑似体験で消火器の使い方を学びました。明智小学校6年生の松下拓未君は「的を狙って消火するのが難しかった。もし実際に火事が起こったら、今日の経験を生かしたい」と話しました。
  他にも、ロープを結ぶ訓練を行ったり、地震体験車で震度7の揺れを体感したり、消防車や消防署を見学したりと、さまざまな活動を行った隊員たち。普段の生活ではなかなかできない、貴重な体験となりました。
  今後は、8月20日(火曜日)に部外研修、令和2年1月5日(日曜日)に出初め式が予定されています。


女性消防隊に消火器の使い方を習う
(女性消防隊に消火器の使い方を習う)

気持ちを一つにして整列
(気持ちを一つにして整列)
真剣なまなざしで指導を受ける
(真剣なまなざしで指導を受ける)
心臓マッサージはかなりの力が必要
(心臓マッサージはかなりの力が必要)
ロープの結び方を手取り足取り教えてもらう
(ロープの結び方を手取り足取り教えてもらう)
震度7の揺れは身動きが取れないことを体感
(震度7の揺れは身動きが取れないことを体感)

レスキュー車を間近で見学
(レスキュー車を間近で見学)



最近の記事

緊急情報

緊急情報のアイコン  市役所 健幸推進課から、胃、大腸がん検診についてお知らせします。   市では、...

2019年05月27日 09時00分
過去の緊急情報
市議会 条例・例規検索サイト 申請書ダウンロード

恵那市公式Facebook 恵那市公式Instagram

窓口のご案内市役所へのアクセス市政窓口各課ご案内
市役所からのお知らせ広報えな音声告知器メール配信サービス
みなさんのご意見・質問声のひろばパブリックコメント投稿フォーム
50,098人
19,899世帯
504.24㎢
令和元年7月1日現在
恵那市の詳細